パッケージング ハプニング:マレーシアの大手ブランドによるリサイクル提携、ベトナムのエコ・ストローブランド、持続可能性を重視したイノベーションなど、様々な特集が組まれています

By Pearly Neo contact

- Last updated on GMT

パッケージング ハプニング:マレーシアの大手ブランドによるリサイクル提携、ベトナムのエコ・ストローブランド、持続可能性を重視したイノベーションなど、様々な特集が組まれています

Related tags: Japan

競合他社との協力:ネスレ、コカ・コーラ、ユニリーバなど主要ブランドがマレーシアでのリサイクル促進に向け団結

マレーシアの主要ブランドは、プラスチック製食品・飲料パッケージの問題に取り組む新しい同盟、マレーシア リサイクリング アライアンス公開会社(MAREA)を通じて、マレーシアの持続可能性の課題を推進するために力を合わせている。

このアライアンスは、マレーシアの有名なFMCGブランド10社(Coca-Cola, Colgate-Palmolive, Dutch Lady Milk Industries, Etika Group of Companies, F&N Malaysia, Mondelēz International (Malaysia), Nestlé Malaysia, Spritzer, Tetra Pak Malaysia and Unilever Malaysia)からなり、2025年までに包装容器のリサイクル率を最低25%に到達することを目指している。

吸って見る:ベトナムのエコストロー「EQUO」、海外展開に照準

ベトナムのEQUO社は、環境にやさしいストローの持続可能性と衛生面の信頼性により、紙や金属製の競合製品に対して明確な優位性を持つと確信し、今年、シンガポールで新たに国際展開を開始する。

EQUOは、ストローから食器、文房具に至るまで、日常的に使用される使い捨て製品を対象とした、プラスチックを100%使用しない堆肥化可能なソリューションの開発に注力しており、その製品によって使い捨てプラスチック問題に取り組むことを目指している。

パッケージングの課題:食料品eコマースの急増とブランドの持続可能性への要求がイノベーションを促進する

パッケージング企業各社は、アジアのeコマース・チャネルにおける生鮮食品と食料品の販売急増に対応しようと騒然としている。市場は今後5年間で倍増し、東南アジアだけでも2500億米ドルに達すると見られているが、同時に、ブランドの持続可能性への熱望に応えようと努力している。

国連によると、アジアにおける果物や野菜のフードロスや廃棄物は、2030年までに推定6億2,500万トンに達し、環境問題の主要な懸念事項として捉えられている。

炭酸飲料の戦略:中国ZEYA社、スーパーマーケット、オン・トレード・チャネルへの進出、新パッケージを展開

中国初のアルコール入り炭酸水メーカーであるZEYA社は、過去数年のパンデミック時に売上の大半を占めていたeコマースから一転、スーパーマーケットやオン・トレード・チャネルに目を向けている。

ZEYAは今年、近代的な小売チャネルが売上の大半を占め、特に、中国ではアルコール飲料のeコマースが他の地域ほど普及していないため、eコマースの売上は全体の7〜10%にとどまると予想している。

混乱なし?中国の「固形飲料」メーカーは61日から製品ラベルを変更しなければならない

中国当局は、「固形飲料」の製造業者は、消費者が健康食品や乳児用ミルクと混同しないように、製品ラベルを変更する必要があるとしている。

これら固形飲料は、原材料の食品と食品添加物を粉末、顆粒、塊状に加工した一般食品と定義されている。健康食品や育児用ミルクとは異なるが、消費者が育児用ミルクと混同するケースが報告されているため、誤解が生じないように表示ルールが変更された。

Related topics: Japan

Related news

Follow us

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast