Thaifex 2019

トムヤムビスケット:ロッテはあか抜けた味でタイの成人向け消費者市場をターゲットに

By Tingmin Koe contact

- Last updated on GMT

トムヤムビスケット:ロッテはあか抜けた味でタイの成人向け消費者市場をターゲットに
同国のマーケティングディレクターの独占インタビューで、ロッテは「あか抜けた味」を特色とする2つの新しいスティックビスケット(トムヤムクンとバーベキュークリーム)でタイの成人向けスナック市場をターゲットにしていると伺った。

1箱あたりの価格が20バーツ(0.60米ドル)で、ロッテが塩味系のスティックビスケットを発売するのは今回が初めて。

2つの新しいフレーバーは、バンコクのインパクト・ムアントーンターニーで開催された THAIFEX-World of Food Asia 展で紹介された。

「今回、私たちの新製品はチョコレートではなく、トムヤムクンとバーベキュークリームです。 ローカルな味でアジア市場を捉えるために発売します。 シンガポールの場合、塩味の卵チップスが急成長しています。Managing Director of Thai Lotte, Akira Shimizu氏は、FoodNavigator-Asia​に次のように語った。

「今日(見本市で)、我々は顧客から良い反応を得ており、特にトムヤムクンのフレーバーがより注目を集めています。」

2つの味はより多くの成人の消費者を引き付けるためのもの。

「私たちの基本的なフレーバーは、主に10代の女の子をターゲットにしていますが、2つの新しいフレーバーは、洒落たフレーバーをある程度経験した成人をターゲットとしています。 今回、子供たちをターゲットにはしていません。子供たちは常に解り易い基本的なフレーバーであるチョコレート、いちごかバナナです」と清水氏。

タイでの販売以外では、中東やアメリカに上市する前に、他の東南アジア諸国でこの2つの新製品を輸出する計画がある。

日本に関しては、市場でトムヤムクン味はあまり馴染みがないため、輸出計画についてはまだ検討が続いているとの事。

小型パックの利点

スティックビスケットを箱に入れて販売することに加えて、それぞれ5バーツの価格で、より小さなパケットで製品を販売する計画がある。

Shimizu氏によると、これは、タイの販売チャネルがスーパーマーケット、コンビニエンスストア、電子商取引などの近代的な小売業(55%)と、主に家族経営の伝統的な小売業(45%)の間で均等に広がったためである。 これらの2つのチャネルから消費者は、異なったニーズで購入する。

「昔ながらの市場では、消費者は大量に購入するのではなく、一回の消費に見合う少量買いをします。これらの市場では、シャンプーとボディウォッシュを非常に小さなボトルに入れて売っているのを目にしますが、これは食品も同様です。」

この傾向に着目、同社は約3年前に昔ながらのスティックビスケットフレーバーのためにこの流通戦略を採用し、小売店での製品流通率は増加した。

「以前、小売店でボックスタイプの販売を試みましたが、困難でした。ビスケットの販売比率は、これらの店では3〜4%にすぎませんが、 今日、小型パック投入で、25%以上まで増えました。」

Related topics: Japan

Follow us

Featured Events

View more

Products

View more

Webinars