ジャパン フォーカス:植物由来企業NEXT MEATS、高齢者向け食糧援助、培養タンパク質部門、日本式食生活と持続可能性目標、機能性食品

By Audrey Yow

- Last updated on GMT

ジャパン フォーカス:植物由来企業NEXT MEATS、高齢者向け食糧援助、培養タンパク質部門、日本式食生活と持続可能性目標、機能性食品

Related tags Japan

このラウンドアップでは、植物由来企業NEXT MEATSの製品、高齢者向け食糧援助、培養タンパク質部門に求められる課題、日本式食生活と持続可能性目標、機能性食品における 健康被害を取り上げています。

植物性の進歩?日本のNEXT MEATSは、よりクリーンなラベルでありながら、より良い食感と味を売りにする

NEXT MEATSは、既存の植物性製品に比べ、原材料を最小限に抑えているにもかかわらず、味と食感が改善されていること、最長12ヶ月の常温保存が可能であることなど、いくつかの利点があると主張している。この大豆タンパク質ベースの代替肉は、今年初めにタイで 開催された見本市で発表された。

この代替肉は味付けされていないため、独自の調理法を好むレストランのシェフの間で ヒットしている。

NEXT MEATSは、国内市場はまだ植物性代替肉に対する「準備が整っていない」と認めている。しかしポストコロナ時代の日本への旅行者数は歴史的に多く、ヴィーガンオプションの需要が高まっている。

日本の「食糧難民」 政府調査により高齢者向け食品アクセス支援改善の必要性が明らかに

調査結果は、日本の自治体の90%近くは、高齢化社会への移行の中で、高齢消費者のための食品へのアクセスを改善する必要があることを示している。

買い物に困っている消費者は、「買い物難民」「買い物ニーズが限られた人々」「買い物困難者」などと呼ばれ、その数は増加の一途をたどっており、「食品アクセス問題」は日本の社会問題となっている。

「ギャップを埋める」: 幻滅」を克服するには培養タンパク質セクターの市場統合が不可欠

シンガポールの細胞性水産物企業Umami Bioworks社は、この分野に対する疑念を克服し、このカテゴリーのスケールアップに貢献する大手ブランドの賛同を得るためには、戦略的合併が不可欠だと考えている。

Umami Bioworksは、大手企業が培養タンパク質をビジネスの一部に含めるためには、  培養タンパク質セクターが将来どのようになるかという前向きなビジョンを売り込む義務があると感じている。

世界的な影響:日本型食生活は世界の持続可能な開発目標の達成に役立つ可能性がある

研究者らは、グローバルな生態学的研究において日本型食生活が健康とウェルビーイングに関連し、世界の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に役立つ可能性があると報告した。

2015年の国連サミットにおける「持続可能な開発のための2030年アジェンダ」には、17のSDGsが盛り込まれた。食生活が環境に与える影響を減らすことは、世界のSDGs達成に不可欠である。

日本の機能性食品レビュー:FFC製品18品目110件以上の健康被害が報告される

日本の消費者庁(CAA)は、機能性表示食品(FFC)18品目に関する110件以上の健康被害が、ここ数週間でFFC事業者から申告されたと発表した。

小林製薬の紅麹FFCの摂取に関連した最近の死亡事例が、FFC事業者への調査を促した。

Related topics Japan

Follow us

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast