安全第一:ベトナム・韓国のデジタル食品安全システム、中国の水産物詐欺、日本の偽造  輸出品取り締まりなど

By Audrey Yow

- Last updated on GMT

安全第一:ベトナム・韓国のデジタル食品安全システム、中国の水産物詐欺、日本の偽造  輸出品取り締まりなど

Related tags Japan

ベトナム・韓国のデジタル食品安全システムの運用、深刻な中国の水産物詐欺、日本の偽造輸出品取り締まりなどが今回の「Safety First」の特集です。

協調安全:ベトナム、韓国と共同で新しいデジタル食品安全管理システムを完成

ベトナムは、韓国と共同で開発した新しいデジタル食品安全管理システムを完成させ、  国全体の食中毒発生監視に、特に焦点を当て最近その運用を開始した。

新システムは韓国のものを忠実に模倣しており、ベトナム現地の要件に合わせてローカライズされた統合版であると同時に、行政情報、検査機関情報、広報を管理するプラットフォームなどの重要なコンポーネントで構成されている。

中国における水産物詐欺:消費者と絶滅危惧種を守るために、より良いトレーサビリティと表示が必要

中国の研究者らは、中国の電子商取引プラットフォームで販売されている日本産水産物(JSP)のラベル分析と(DNA)分子同定を実施し、これらが表示基準に完全に準拠していないことを発見した。

この研究は、JSPにおける誤ラベル付けとあいまいな商品名の使用の蔓延を浮き彫りにし、水産物詐欺を防止するためのトレーサビリティ手順の改善と規制表示システムの更新の「緊急の必要性」を強調している。

模倣品対策:日本はデジタル監視技術を活用し、不正な農産物輸出を取り締まる

日本政府は、地理的表示(GI)制度で保護されている農産食品の輸出品について、デジタル 監視技術を活用して偽造品の取り締まりを行っている。

OECDのデータによると、日本は模倣品による影響を最も受けている国の第7位にランクされており、そのうちの約741億円が模倣食品に起因している。

慢性疾患患者のハーブサプリメント使用に関するコミュニケーション不足が懸念される :サウジアラビアの研究

サウジアラビアの慢性疾患患者はハーブサプリメントを過剰に摂取している可能性があり、患者と医療提供者とのコミュニケーション不足により潜在的な薬物相互作用のリスクが あることが、同国の研究者らによる最近の研究で示されている。

慢性疾患を持つ患者の間で、医療従事者と適切な相談をすることなくハーブサプリメントを広く使用するという、懸念すべき傾向が現れている。この傾向の潜在的な健康への影響には、従来の処方薬との相互作用が含まれており、これは複数の薬剤を服用していることが多い慢性疾患患者にとって特に重要である。ハーブサプリメントは薬剤の吸収、代謝または 排泄を阻害し、有効性の低下またはより重度の副作用を引き起こす可能性がある。

水産物の精査:韓国、食中毒の発生を防ぐため、貝類と卵の検査を強化

韓国は食中毒発生のリスクを削減するため、貝類と卵製品の検査と分析を強化する。

韓国の食品安全当局である 食品医薬品安全処(MFDS)は最近、汎政府食中毒対策会議に於いて、2024年に食中毒発生を防止するための政府全体の戦略を指揮すると発表した。

この共同アプローチには、教育部などの省庁だけでなく、全国の中央行政機関、地方自治体、公共団体など34の公的機関が参加する予定となっている。

Related topics Japan

Follow us

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast