ポリシー ピック:台湾の食品広告規制、中国の包装済み食品ラベル表示基準、日本の乳製品の最新情報など

By Hui Ling Dang

- Last updated on GMT

©Getty Images
©Getty Images

Related tags Japan

今回の「Policy Picks」では、台湾で厳格に規制される食品広告、中国の栄養情報と説明を行う包装済み食品ラベル表示基準、日本の乳製品の最新情報などを特集しています。

誤解を招くマーケティング:台湾、広告規制に違反した食品会社に厳罰を科す

台湾の広告規則や規制に背く主流の食品および飲料企業は、より厳しい処罰を受けることになり、繰り返し違反した者は、その事業が閉鎖される可能性があると警告されている。

台湾食品医薬品局 (FDA) は、広告規則の違反者、特に虚偽の健康主張で消費者を誤解させることを目的とした違反者には、より厳しい罰則が適用されるとする新たな規制の更新を発表した。

これは加重処罰制度の一環であり、違反者は再犯の回数とその重大性に基づき、さらなる厳しい罰金と処罰の対象となる。

より厳しく、より安全に: 中国、より明確な成分・原産地情報を義務付ける包装前表示の新基準を提案

中国政府は、包装済み食品・飲料の表示に関する新たな規制案を発表し、製造業者に対し、配合成分に関するより明確な情報や原産国に関するより詳細な情報の記載を義務付けるなど、厳格なガイドラインを盛り込んだ。

中国は、ベトナム​、フィリピン​、タイ​などの最近の例に続いて、包装済みの食品や飲料のラベルに関する規制の見直しに着手するアジアの最新市場として浮上した。これは、FoodNavigator-Asia​誌が今年は規制が強化されるだろうと以前予測した​、規制更新の流れに沿ったものである。

乳製品の最新情報:日本、今年中に非冷蔵乳製品により厳しい基準を導入へ

日本政府は、冷却を必要としない乳製品に対してより厳しい基準を導入する計画を発表した。

日本の厚生労働省は、現行の乳製品基準を改正する省令案を発表し、今年3月中旬に施行される見込みである。

この改正は、10℃以下での保存を必要としない、あるいは常温保存が認められている牛乳・乳製品に影響を与える。これには、牛乳、成分調整牛乳、低脂肪牛乳、無脂肪牛乳、加工乳、

調整液状乳、その他の乳飲料が含まれる。

健康機能性食品としての砂糖?韓国の規制当局がフェイク広告に対するオンライン検査を強化

韓国の食品医薬品安全部(MFDS)が警告したところによると、韓国では砂糖加工品を健康機能性食品として宣伝する傾向が続いており、疲労回復や血糖値コントロールを謳った 製品がeコマース・プラットフォームで販売されている。

MFDSは1月だけで138件の砂糖加工品に関する偽の表示や誇大広告を検出した。これらは「食品の表示及び広告に関する法律」に違反していることが判明した。

この事は、MFDSが検査した280件のオンライン広告のほぼ50%にあたる。これらの広告は、砂糖、ブドウ糖、果糖、タフィー、オリゴ糖、ハチミツを主原料とし、錠剤やカプセル状にした砂糖加工品を宣伝していた。

表示改革:タイ、新しい栄養表示とヘルスクレームのルールで科学と安全性を強調

タイは、東南アジア(SEA)で食品業界向けの新しい栄養表示政策を実施する最後の市場であり、当局はまた、包装上の健康強調表示について、より厳格な「科学的根拠に基づく」    ガイドラインを発表している。

ベトナムやフィリピンを含む様々なSEA市場は、食品・飲料のオンパック栄養表示を改善するための政策やガイドラインのアップグレードを行ったことで、この1年に大きな話題となった。

タイはこのリストに加わった最も新しい国で、2024年1月に食品や飲料が製品パッケージへの栄養成分表示をする方法を規定する多くの規制法令を官報に収載した。

Related topics Japan

Follow us

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast