ポリシー ピック:2024年の知っておくべき規制、日本のチーズ優遇措置、過去1年のトップ政策ニュース

By Hui Ling Dang

- Last updated on GMT

©Getty Images
©Getty Images

Related tags Japan

2024年にポイントとなる規制、日本のチーズ優遇措置、過去1年のトップ政策ニュースなど、今回の「Policy Picks」では様々な特集が組まれています。

動きと揺さぶり:2024年にAPACの食品・飲料セクターに影響を与える5つの必見の規制と政策

話題のEU森林伐採規制(EUDR)から、包装済み食品や加工食品の栄養表示や包装に対する政府の監視強化まで、FoodNavigator-Asia​誌では2024年に知っておくべき規制の最新情報を5つお届けします。

チーズウィズ:日本政府、国産品奨励策を発表

日本政府は、国産チーズに対する消費者の需要を高めるため、酪農業界とブランドに対する財政的奨励策を発表した。

この事業は、約22億円の予算が予算が必要とされ、チーズ製品に加工される生乳の販売を拡大するための取り組みに対して、農家から生乳の出荷を集める酪農生産者グループに補助金を出すというものである。

これにより、無駄を省き、国内酪農産業の持続可能性を向上させることが期待されている。

規制の見直し:2023年に最も読まれたAPACの食品・飲料規制・政策記事トップ10

2023年に最も閲覧された食品・飲料業界の規制・政策記事トップ10を発表。EUDR、マレーシアの乳製品規制、韓国の再生PET認可などを取り上げています。

中国がアメリカ人参、高麗人参、霊芝を健康食品申請用に承認

中国では2024年5月1日から、アメリカ人参、高麗人参、霊芝を健康食品として申請できるようになる。

国家市場監督管理総局が昨年12月31日にこの施策を発表した。

承認により、これらの原料は健康食品原料ディレクトリに追加されている。収載された原材料は、当局があらかじめ指定した健康強調表示を含む健康食品に加工することができる。

イタリア政府が培養肉を禁止、植物性食肉表示を制限

イタリア政府は、培養肉の生産と販売を禁止する法案を可決したと発表した。この措置は、イタリアの伝統的な食文化を保護することを目的としており、植物由来製品の表示も制限される。

培養肉の生産と販売促進を禁止するこの法案は、イタリアの下院議会で可決された。これに違反した者は、60,000ユーロの罰金が科せられる可能性がある。また、この法案には、植物性代替肉の呼び名に関する制限も含まれており、メーカーが「サラミ」や「ステーキ」といった肉由来の名称を使用することはできない。

Related topics Japan

Follow us

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast