サイエンス ショート:食品生産におけるAI、日本の遺伝子組み換え食品、マレーシアの培養肉

By Hui Ling Dang

- Last updated on GMT

©Getty Images
©Getty Images

Related tags Japan

今回の「Science Shorts」では、食品生産におけるAI、日本の遺伝子組み換え食品、マレーシアの培養殖肉などを特集します。

AIは人間の役割を廃れさせるのか?食品製造におけるAI活用の3大懸念事項

ここ数年、飲食業界におけるAIの台頭とともに、自動化という名のもとにあまりにも多くのコントロールを委ねることの是非をめぐって激しい議論が交わされている。

過去10年間の技術進歩の面で最も先進的な市場のひとつは間違いなく中国であり、生産から小売、eコマースまで、食品バリューチェーンの多くの面でテクノロジーとAIが導入されている。しかし中国でも、AIの利用に対する懸念は依然として存在する。

日本の遺伝子組み換え食品:2022年のデータで、遺伝子組み換え作物の国内における「継続的安定性」が浮き彫りに - 政府調査

日本政府の新たなデータによると、遺伝子組み換え作物は過去1年間、周辺の生物多様性に対してリスクをもたらした形跡はなく、遺伝子組み換え作物が国内の食料供給に、より大きな役割を果たすべきだという主張が強まっている。

世界の先進国の中で最も食料自給率が低い​市場である日本は、消費者や地域団体の潜在的な食の安全性や生物多様性への影響に対する懸念に対処することと、食料安全保障の問題に対処する​ために遺伝子組み換え食品をより大規模に導入することとの間で、長年ジレンマに直面してきた。

農林水産省(MAFF)は、2006年以来、大豆や菜種を含むGM食品作物に関する研究を行っている。

「大量生産が可能」:培養肉のスケールアップには産業界の協力が鍵であるーマレーシアのCell AgriTech

培養肉企業Cell AgriTechは、2025年までに最初の培養肉製品を展開する計画の概要として、コスト競争力のある製造ハブとしてのマレーシアの優位性から恩恵を受けていると述べている。

最近では、Umami Meats社と提携してハタやウナギの培養肉を生産することを発表し、  マレーシア初の培養肉生産施設を建設し、2024年第4四半期に操業を開始する予定である。

Nestléの特許技術で乳製品の「食物繊維源」表示が可能に

食品業界大手のNestlé’は、乳糖を微生物叢に有益な食物繊維に変換し、同時に全糖を減少させる酵素ソリューションを開発した。

牛乳、麦芽、果汁に含まれる天然の糖分を30%減らすことができるこの方法は、 Nestléが繊維およびプレバイオティクス関連のラベル表示を可能にする乳製品ベースの製品を製造できることになる。これは追加の強化なしに達成することが困難なことである。

エビデンスに基づくアプローチ 母乳分泌を促進することが示されたハーブ飲料の商品化を目指すタイの研究者たち

タイの研究チームは、臨床試験で母乳分泌を促進することが示されたハーブティーを商品化するための長い航海に船出した。

2022年1月に発表されたこの研究では、帝王切開分娩後の母親において、Wang Nam Yenハーブティーが産後72時間での母乳分泌を誘発する効果がドンペリドンと同等であることが実証された。

Related topics Japan

Follow us

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast