より健康的な選択: Nutri Vアップサイクルスナック、Junlebaoプロバイオティクスヨーグルト、体に良い米麺の革新など

By Hui Ling Dang

- Last updated on GMT

©Getty Images
©Getty Images

Related tags Japan

今回のHealthier Choicesでは、Nutri Vのアップサイクルスナック、Junlebaoのプロバイオティクスヨーグルト、より体に良い米麺のイノベーションなどを取り上げています。

ベジパウダーの力: オーストラリアのNutri V社は、アップサイクル食品を主流にするため、スナッキングスペースに目を向ける

オーストラリアのアップサイクル企業Nutri Vは、野菜生産者のFresh Selectとオーストラリアの国立科学機関CSIROの提携により設立された。同社は、B2Cのスナック分野に第一歩を踏み出し、CEOはさらなる製品イノベーションを計画していると述べている。

最近発売されたNutri V goodiesは、1パックに2食分の野菜が入ったパフ状のスナック。

伝統と科学: 中国のJunlebao社が10種類のプロバイオティクス菌株を含む新しいヨーグルトを販売開始

中国の乳業メーカーであるJunlebao社は、同社の特許菌株であるケフィア由来のLactobacillus paracasei ​N1115と他の菌株を含む10種類のプロバイオティクス菌株を含む新しいヨーグルト、「K-10 Kefir」を発売した。

同社は、この製品について社内で小規模なヒト試験を実施した。その結果、消化機能、排便、便通などの改善効果が報告されている。

現在、現地の病院で臨床試験を実施中。

伝統に磨きをかける: 飽和状態の市場で成功するために、SEAヌードルブランドはどのように風味と健康を利用するか?

東南アジアの米麺企業は、この地域で最も伝統的な市場の一つであるライスヌードル業界でさらなる成長を遂げるために、新しくかつ珍しい品種を生み出し、消費者の想像力をかきたてる製品革新の取り組みを強化する必要がある。

ライスヌードルまたはビーフンは、ASEAN地域で最もよく食べられている食品のひとつであり、多くの市場で米と同じくらいの主食とされている。

ベトナムのフォーからタイのパッタイ、マレーシアのアッサムラクサに至るまで、ライスヌードルを取り入れた伝統料理が多いのも、このことを如実に物語っている。

全卵の摂取は幼児の成長と腸内細菌叢を促進する-タイRCT

全卵の長期摂取は、HDL-コレステロールや健康増進菌の増殖を促進し、思春期の成長にプラスの影響を与えることが、タイの農村部の子どもたちを対象にした研究で明らかになった。

35週間の全卵摂取により、全卵グループとコントロールグループの間の体重と身長の差が有意に増加した。

また、タイの研究者は、胃や腸に存在し消化を助ける健康増進菌であるビフィズス菌のレベルが全卵グループで1.28倍増加したことを注目している。また、免疫系をターゲットとする別の健康増進菌であるラクノスピラのレベルも、全卵摂取後に有意に高くなった。

トランス脂肪酸の削減: アジア諸国、改質政策で「勢いづく」-WHO

スリランカ、ネパール、ブータン、インドネシアはトランス脂肪酸(TFA)排除に向けて前進しているが、韓国、ブルネイ、フィジーは国家政策がまだ遅れている。

この調査結果は、世界保健機関(WHO)が2023年までのWHOの世界的なTFA排除目標に向けた2022年の世界の進捗状況をモニターする第4回年次報告書に基づいている。

「東南アジア地域全体で最良の政策を導入することで、年間推定178,600人の命が救われる可能性がある」と、WHOは述べている

Related topics Japan

Follow us

Products

View more

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast