ポリシー ピック:オーストラリア、ニュージーランド、日本の規制に関する最新情報

By Hui Ling Dang

- Last updated on GMT

ポリシー ピック:オーストラリア、ニュージーランド、日本の規制に関する最新情報

Related tags Japan

レトルトの規制:オーストラリア、肉・乳製品・卵を含む輸入品に対する規制を強化

オーストラリアでは、肉、乳製品、卵を含む輸入食品や飲料を規制するために、より厳しい規制が実施されており、入国前に追加のメーカーの申告書を表示する必要がある。

この国は、バイオセキュリティ部門の規則が厳しいことで高い評判を得ており、最近では、シンガポールからの入国者が未申告の食べかけのサブウェイのサンドイッチをハンドバッグに入れていたとして、オーストラリアの税関から1,820米ドルの罰金を科されたことで、世界的に大きく報じられた。

この事件はインターネットと食品業界の双方を分断し、特にサブウェイがこの入国者に罰金相当額のギフトカードを提示したことで、レッドミート諮問委員会などの業界団体の怒りを買った。

「実現させる」:ニュージーランド食品・食料品業界は、新しい食料品競争法案は公正に向けた「具体的な一歩」であると述べる

ニュージーランドの食品・食料品業界は、これまで大手小売業者であるFoodstuffsとCountdown/Woolworthsが独占していた国内食料品分野の不公正競争を取り締まる新しい法律法案を政府が発表したことに全面的な支持を表明している。

業界が勝利を宣言したのは、12年にわたる努力が国内の商業委員会で実を結び、食料品競争が実際に 「消費者にとってうまく機能していない」 と発表され、政府が義務的な食料品行動規範の策定に着手したときであった。

ニュージーランドの商業・消費者問題大臣David Clarkもまた、11月21日に議会で新しい食料品産業競争法案を発表し、この規範の確立に向けたもう一つの重要な一歩を踏み出した。

オーガニック遵守:日本、食品輸入と認証ラベルのサイズに関する規制を強化

日本政府は、有機食品の輸入に対してより厳しい規制を実施しており、企業は特定の担当者を任命し、標準の有機認証ラベルを使用する必要がある。

日本のオーガニック食品市場は依然として新興分野とされることが多いが、近年の健康・ウェルネス関連のトレンドの高まりが同分野に追い風となっており、2020年時点で約2300億円と見積もられている。

この増加に伴い、日本のオーガニック市場に参入しようとする様々な国際企業の関心が高まり、それに伴って有機食品の輸入が増加したことから、地方自治体は参入規制を強化することになり、最近の農林水産省 (MAFF) の発表にも反映されている。

ラベル変更:台湾衛生福利部、乳幼児用食品のロゴを起草

台湾の衛生福利部(MOHW)は、乳幼児用食品向けに新しいロゴマークと印刷すべき情報を起草した。

赤ちゃんを抱いた女性をモチーフにしたロゴには、"乳児にとって母親の母乳は最高の栄養源"、"衛生福利部はあなたを大切に思っています "というスローガンも付いている。

また、「ヒト化ミルク」など、人間の母乳よりも優れていることを示唆するような用語は控えるべきとされている。

中国セレブ禁止令:健康食品への有名人の推薦を認めない - SAMR

中国当局は再度、健康食品ブランドに対して、有名人による製品推奨を禁止している。

これは、海外ブランドの「グレーゾーン」を狙ったものだと専門家は指摘する。

国家市場監督管理総局(SAMR)は、他の6つの規制機関とともに、上記のことを発表した。虚偽の健康強調表示をする広告が増加していることを受けて、著名人の推薦活動をさらに規制することが目的である。

Related topics Japan

Follow us

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast