今、ホットな話題:グルテンフリーダイエットのリスク、培養ダークミートの生産、冷凍食品のCOVID-19など、ソーシャルメディア上のトレンドストーリーをご紹介します。

By Pearly Neo contact

- Last updated on GMT

今、ホットな話題:グルテンフリーダイエットのリスク、培養ダークミートの生産、冷凍食品のCOVID-19など、ソーシャルメディア上のトレンドストーリーをご紹介します。

Related tags: Japan

欠乏のジレンマ:セリアック病の女性の長期的なグルテンフリーダイエットは栄養不足をもたらす-研究

セリアック病の女性が厳格な長期グルテンフリーダイエットを行うと、ビタミンD、葉酸、カルシウム、鉄などの主要栄養素が大きく不足し、生活の質や栄養状態に影響を与える可能性があることが、新しい研究で明らかになった。

セリアック病の有病率は、アラビア地域を含み世界的に急速に増加しており、依然として最も利用可能な治療法であるグルテンフリーダイエットを行う男性と比較して女性でより高い。

 

ゴーダークかゴーホームか:CP Foodsの培養肉パートナーFuture Meat Technologiesは、ダークミートの生産がアジアの成長に対する答えであると考えている

CP Foodsの培養肉生産におけるパートナーであるFuture Meat Technologies(FMT)は、アジア太平洋地域の消費者が培養肉に強い関心を抱いていることから、培養肉の生産に成功することがこの分野の攻略に向けた最善の方法であると考えている。

ダークミートとは、鉄分を含むタンパク質であるミオグロビンを多く含み、色の濃い部位を指す。鶏肉や七面鳥のドラムスティックやモモ肉など、より多くの酸素を消費し、より多くの鉄分を必要とする筋肉がこの部位にあたる。

 

COVID-19の汚染:冷凍食品にウイルスが付着する恐れ--中国公衆衛生当局が調査

中国の公衆衛生当局が発表した新しい論文によると、食肉・家禽加工工場や市場から出荷される冷凍食品は、COVID-19ウイルスに汚染されている可能性がある。

科学者たちは、2020年7月から2021年7月にかけて、食肉処理、生産・加工、保管、輸送、小売の際に輸入および国内のコールドチェーン食品とその外側または内側の包装の標本を5500万本以上収集し、分析した。また、環境サンプルとヒトからのサンプルも収集した。

 

マイティー マッシュルーム:マイコプロテインは、風味、栄養、持続可能性から、タンパク質の未来として注目される

アジア初のマイコプロテイン技術企業である Mycovation社は、その製品が風味、栄養、持続可能性の面から、代替タンパク質の真の未来であると確信している。

同社のビジネスと研究モデルは、キノコの菌糸体からのマイコプロテイン発酵を中心としている。 Mycovationは、マイコプロテインが消費者にとって最も重要な分野である風味、栄養、持続可能性のすべてにおいて優れており、計り知れない可能性を秘めていると考えている。

 

文化も文脈もない:積極的な事業拡大に伴い、あまりにも多くの植物ベースの企業が 「材料をオーバーエンジニアリングしている」 - Dynamic Foodco CEO

シンガポールの植物由来フードテック企業、Dynamic Foodco のCEO兼創設者で、Quornの元重役、Andy Kusumo博士によると、アジアの文化や背景に十分な注意を払わず、「成分を過剰に改良」し、投資家や消費者に「ソリューションを押し付けて」いる植物由来の企業があまりにも多いとのこと。

消費者は持続可能性の問題を認識しているが、まだ肉類をやめようとは思っていないにもかかわらず、多くの企業が「既成概念にとらわれず」消費者に肉類をやめるよう促していると、同氏は考えている。

Related topics: Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast