サステナビリティ スニペット:インドのリサイクル包装規定、ベトナムのエコストロー、日本の食品廃棄物対策などの特集をお届けします。

By Gary Scattergood contact

- Last updated on GMT

サステナビリティ スニペット:インドのリサイクル包装規定、ベトナムのエコストロー、日本の食品廃棄物対策などの特集をお届けします。

Related tags: Japan, Sustainability

よりクリーンなインドのために:食品安全当局、再生プラスチック包装の提案を強化

インド食品安全基準局 (FSSAI) は、食品包装に再生プラスチックを使用することを規制する、より厳しい新基準を発表した。懸念する科学専門家グループからの反発を受けてのことだ。

昨年FSSAIは、国内の大規模なプラスチック廃棄物のより効率的な管理に向けた前向きな動きとして、調理済み食品や飲料製品に再生プラスチックの使用を認めることを提案するプラスチック廃棄物管理ガイドライン案を発表したが、インドの科学者たちは、リサイクルインフラがこの変化に対応するように設定されていないと感じたため、FSSAIはより厳しい基準を施行することになった。

 

試してごらん:ベトナムのエコストロー EQUO、海外展開に照準を当てる

ベトナムのEQUO社は、エコフレンドリーなストローの持続可能性と衛生面の信頼性が、紙や金属製の競合製品よりも明らかに優れていると考えており、消費者の行動を大きく変えることなく、プラスチックの使用量全体を削減し、より早い変化をもたらすために、使い捨てプラスチック問題への取り組みに注力している。

今後は、シンガポール、日本、欧州などへの海外展開も視野に入れており、更なる影響力の拡大を目指している。

 

巻き寿司大暴れ:消費者の関心が高まる中、日本の食品企業が力を合わせて廃棄物削減に取り組む

日本政府とサントリーや桂新堂などの食品会社は、技術やアップサイクルの機会を模索し、季節ごとの生産過剰問題に焦点を当てながら、食品廃棄物対策に力を注いでいる。

このような状況下で懸念される製品の一つが、お祝いの巻き寿司である恵方巻きである。国内の多くの食品会社や小売業者が長年にわたり恵方巻を販売しているが、無秩序な生産により、残念ながら大量の食品ロスが発生していることが、消費者によって初めて明るみに出された。

 

エコな葉:食品包装に適した蓮の葉をベースにしたバイオプラスチックを開発

オーストラリアのRMIT大学は、蓮の葉からヒントを得て、丈夫で持続可能、かつ堆肥化可能な、生鮮食品の包装に最適なセルフクリーニング機能を持つバイオプラスチックを開発した。

このプラスチックは、液体や汚れをはじき、土中で急速に分解される。研究者らは、このようなプラスチック代替品が消費者に広く普及するためには、環境にやさしく、費用対効果に優れていることが重要であると強調している。

 

消費者は「環境にやさしい」乳飲料の殺生物剤をより受け入れる:中国・ニュージーランドの研究

中国とニュージーランドの研究者らによると、「環境にやさしい」という言葉がパッケージに使われている場合、消費者は乳飲料の殺生物剤表示をより受け入れる傾向にある。

参加者のほとんどは(ニュージーランド人の73%、中国人の80%)が、「生産工程で使用される殺生物剤」よりも「生産工程を衛生的に保つ」という言葉を好んだ。これは主に、「殺生物剤」が聞きなれない言葉で、「殺虫剤のような悪いもの」と聞こえ、「衛生的にする」はクリーンな印象を与えるためだ。

Related topics: Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast