サイエンス・ショート:AI技術、食品認可免除の科学的根拠、裁量的な食品研究、その他の特集をお届けします

By Pearly Neo

- Last updated on GMT

サイエンス・ショート:AI技術、食品認可免除の科学的根拠、裁量的な食品研究、その他の特集をお届けします

Related tags Japan

変革のとき:AI企業がトレーサビリティ技術で日本の "伝統的 "水産業をターゲットに

カナダの人工知能企業ThisFish社は、日本の伝統的水産業の将来が切迫する中、トレーサビリティ技術「Tally」の日本での展開を模索している。

同社は、カナダ、米国、中南米、フィリピン、タイの顧客にサービスを提供しており、現在、マグロやキハダなどの人気商品を扱う日本の水産加工業者と協力することに意欲を示している。特に日本は、米国に次いで世界第2位の水産市場であるためだ。

科学的根拠を示せ:日本企業は包装食品の新しい認可免除を得るために製品の安全性を証明するよう求められる。

日本の厚生労働省は、17の食品カテゴリーに関する新たな認可の免除を利用したい場合、その製品の食品安全性の科学的証拠と証明を提供するよう、国内の食品メーカーに促している。

この密封包装食品製造許可は、密封包装された状態で販売されるが、ボツリヌス菌やボツリヌス毒素などによる微生物汚染の発生リスクがあるため、冷凍・冷蔵保存の必要がない食品を製造する事業者に適用されるものである。免除されない場合は、都道府県知事の許可を受ける必要がある。

知覚の交換:口当たり、味、テクスチャーが似ている健康的な製品は、嗜好品に取って代わることができるか?

新しいモデリング研究により、官能特性と口当たりが類似した健康食品の摂取を増やす栄養介入は、オーストラリアにおける食生活の改善に役立つ可能性があることが示された。

オーストラリアの成人が消費する嗜好品の量は、現在、オーストラリアの食事ガイドラインの推奨量の2倍以上であり、研究者は、ほとんどの消費者にとって「重要な考慮事項」である味など、食品選択の感覚的推進力が栄養介入において十分に対処されていないと主張している。

日本の労働人口における緑茶摂取量とうつ病症状の関連性なし-研究結果

これまでのインビボおよび動物実験では、緑茶の摂取による保護効果が示されていたが、ヒトを対象とした日本の研究で、緑茶の摂取とうつ病症状との間に関連性がないことが明らかになった。

研究者らは、「古川栄養健康研究」のデータを用いて、日本の労働人口における緑茶摂取とうつ症状との前向きな関連性を調査したが、関連性を示す証拠は見つからなかった。

安全性を保証:オーストラリアの食糧品供給は、山火事対策に使用された泡の化学物質によって汚染されてはいない

オーストラリア・ニュージーランド食品基準機関((FSANZ)は、第27回オーストラリア トータルダイエット スタディにより、オーストラリアの食糧供給が山火事に使用される消火剤の泡に含まれる化学物質に汚染されていないことを確認した。

この調査は、オーストラリアが2019年から2020年の山火事シーズンに大規模火災を経験し、昨年も複数の火災が発生、その多くが消火活動を必要としたことから、食糧供給の汚染の可能性に関する国民の懸念に対処するため、消火剤の泡やその他の工業用途によく見られる化学物質のパー及びポリフルオロアルキル化合物(PFAS)に焦点を絞ったものである。

Related topics Japan

Related news

Follow us

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast