今が旬:インドの香辛料汚染スキャンダル、中国の包装前表示、EUDR論争、その他のトレンドストーリー

By Audrey Yow

- Last updated on GMT

今が旬:インドの香辛料汚染スキャンダル、中国の包装前表示、EUDR論争、その他のトレンドストーリー

Related tags Japan

インドで香辛料から農薬が検出、中国の包装前表示、EUDRの議論、その他の特集が掲載されています。

炎上するインドのスパイス産業:行政が新たな汚染スキャンダルを防ぐには?

発がん性のある農薬、エチレンオキシドが、インドの大手ブランドEverestとMDHのスパイスパウダーから検出され、インドのスパイス業界は厳しい監視下に置かれている。

このため、香港とモルディブでは輸入禁止、シンガポールでは製品回収、オーストラリアとアメリカではインドのスパイスに対するチェックが厳しくなり、さらに禁止される可能性が出てきた。

インドが食品安全へのコミットメントについて正しいメッセージが発信されているかどうか、また今後の汚染事例を防ぐために何ができるのか、専門家が意見を述べている。

外側:中国が包装済み食品の新たな表示基準を発表、視認性と明確性を確保

中国国家市場監督管理総局(SAMR)は、包装済み食品のラベルに関する新たな規制基準を発表し、消費者にとっての分かりやすさを向上させるため、食品・飲料企業に遵守を促した。

「中国の食品安全法に従い、また消費者がすべての包装済み食品のラベル上の情報を明確かつ容易に識別できるようにするため、食品・飲料企業は現在、これらの新しい基準に従って製品ラベルを最適化するよう奨励されている」と、SAMRは正式な声明を通じて述べている。

持続可能性の障害:マレーシアのパーム油認証制度の「欠点」を指摘するEU出資の新しい分析を専門家が非難

パーム油業界の専門家は、EUが支援する新たな分析を批判した。その分析によると、マレーシアの持続可能性認証制度には、EUの新しい森林伐採規制 (EUDR) に完全には受け入れられないような「欠陥」があるという。

EFIの技術専門家であるJosil Murray博士によると、分析により、地理的位置、森林破壊フリー、法律、追跡可能性の問題にわたる領域をカバーするマレーシア持続可能なパーム油(MSPO)認証制度における4つの主要な「情報ギャップ」が特定されたという。

大豆を信じる:Yeo's社とNutriSoy社は、栄養強化のイノベーションでシンガポール  の豆乳人気を高めようとしている

シンガポールの飲料大手であるYeo's社とF&NのNutriSoyは、消費者の健康志向の高まりを受けて、強化豆乳の新機軸を打ち出した。

これはまた、豆乳ブランドがポートフォリオの拡大に定期的に投資し続ける強力な原動力として浮上しており、過去6ヶ月の間に、このイノベーションの焦点は、シンガポールにおいて、以前の糖分削減から強化へと移行している。

ハードセル?シンガポールでのGOOD Meat3%培養鶏肉発売をめぐり専門家の意見が衝突

シンガポールで培養肉ブランドのGOOD Meatが最近、新しい鶏肉製品の小売を開始したが、これは、このセクターの前進なのか、それとも単に同社の財政難の中でのコスト削減の 手段なのか、食品業界全体の専門家の意見は分かれている。

GOOD Meatの親会社であるEat Justも、米国での法的問題に直面しているため、シンガポールの自社および提携施設での培養鶏肉の生産を停止し、新工場の計画も中止した。

アニマルアラート:韓国、動物由来食品輸入の食品安全要件を厳格化

韓国食品医薬品安全処(MFDS)は、動物由来食品を輸入する際の食品安全要件の厳格化を実施している。

韓国では、畜産物の輸入には特定の輸出証明書を必要とする厳格な食品安全プロセスがすでに実施されているが、MFDSは、衛生と安全性の要件を確実に満たすために、このプロセスを動物由来の食品にも拡大すると発表した。

Related topics Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers