ポリシー ピック:タイの代替タンパク質政策、韓国の新しい培養肉規則、専門家が非難するEUDR分析など

By Audrey Yow

- Last updated on GMT

ポリシー ピック:タイの代替タンパク質政策、韓国の新しい培養肉規則、専門家が非難するEUDR分析など

Related tags Japan

今回のポリシー・ピックでは、タイの代替タンパク質への明確な方向性導入、韓国で進められる培養肉規則、専門家が非難するEUDR分析などを取り上げています。

「明確な方向性」が必要:タイ、植物由来製品に特定の動物関連用語を禁止する新たな代替タンパク質政策を立案

「現在、代替タンパク質製品は消費者の間で人気を博しており、関連製品が数多く市場に出回っているが、タイにおけるこれら製品の安全面の管理・監督については、まだ明確な方向性がない」とタイFDAは公式声明で述べている。

「我々はタイにおける代替タンパク質製品の現在の生産と輸入の調査に着手し、タイの規制と基準の策定に (この知識を適用するために) 関連する規制を研究している」

韓国の培養肉:食品の安全性と公衆衛生が今後の新規制の最優先事項

韓国食品医薬品安全処(MFDS)はすでに、「食品等の暫定規格・基準の認定基準」と呼ばれる暫定基準を公表している。この基準は培養肉や魚介類を含む細胞・微生物由来の食品原料を対象としている。

これらの基準には、細胞培養技術を用いて製造された食品成分の提出に関する範囲と調製方法の明確化が含まれており、現在、パブリックコメントを受領し最終決定の段階にある。

持続可能性の障害:マレーシアのパーム油認証制度の「欠点」を指摘するEU出資の新しい分析を専門家が非難

パーム油業界の専門家は、EUが支援する新たな分析を批判した。その分析によると、マレーシアの持続可能性認証制度には、EUの新しい森林伐採規制 (EUDR) に完全には受け入れられないような「欠陥」があるという。

EFIの技術専門家であるJosil Murray博士によると、分析により、地理的位置、森林破壊フリー、法律、追跡可能性の問題にわたる領域をカバーするマレーシア持続可能なパーム油(MSPO)認証制度における4つの主要な「情報ギャップ」が特定されたという。

最終命令:フィリピン、食品企業に市場に入る「サンプル」食品の申告を義務付ける新規制を正式決定

フィリピン食品医薬品局(FDA)は、1年にわたる審議の末、食品企業に対し、研究用途の全製品について新たに特定の「サンプルのみ」の輸入許可を取得することを義務付ける新規則を正式に決定した。

「この発行は、研究開発目的で使用する食品サンプルの輸入に従事する製造業者、輸入業者、貿易業者、流通業者を含むすべての(食品)企業を対象とする」とFDAは公式声明で強調した。

「これには、工場試験、製造試験、官能評価、品質保証などが含まれ、未登録の加工食品などの試験も含まれる」

使い捨てを止める:アブダビ、61日より特定の発泡スチロール製品を禁止へ

アブダビは、2024年6月1日から、さまざまな「回避可能な」使い捨て発泡スチロール消費財の禁止を実施する。

この動きは、2020年にアブダビ環境庁(EAD)が開始した「使い捨てプラスチック政策」の一環である。

具体的に禁止される製品は、EPS製のカップ、蓋、皿、飲料容器(ボトルや容器の蓋を含む)である。

Related topics Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers