代替タンパク質 フォーカス: Magic Valley、OATSIDE、Thoughtful Foodなどの 最新情報

By Hui Ling Dang

- Last updated on GMT

©Getty Images
©Getty Images

Related tags Japan

今回のAlt Protein Focusでは、Magic Valley、OATSIDE、Thoughtful Foodなどの話題をお届けします。

生産とパートナーシップの優先順位 オーストラリアの培養肉企業Magic Valley社は規制当局の承認が間近に迫る中、2024年の計画について詳述する

オーストラリアの培養肉スタートアップ Magic Valley社は、2025年の消費者への製品提供を目指し、2024年の生産とパートナーシップの目標を詳述した。

同社は現在、オーストラリアで培養肉に関心を示している様々な既存の卸売業者や食品製造業者と話し合いを進めている。同社の目標は、2024年までにこれらの提携をまとめることである。

国内での提携にとどまらず、Magic Valleyは海外のパートナー、特にアメリカのBiocell社との関係を育み、培養肉プロセスの様々な側面に貢献するために、アジア全域で他のパートナーシップを模索している。

クールムーブ:植物性ミルクブランドOATSIDEがアイスクリームに進出し、アジア地域の成長を促進

シンガポールに拠点を置くOATSIDEは、アジアでのオートミルク製品の人気の高まりを受けて、成長戦略の一環としてアイスクリームのラインナップを拡大した。

OATSIDEのコマーシャル ディレクターであるGabriel Melo氏は、アイスクリームへの進出は「自然な流れ」であったと語る。

「私たちは、植物由来の製品にこだわらない人たちにもおいしい選択肢を提供できると信じています」チョコレート、ミニチョコチップス入りコーヒー、ピーナッツバタークッキードウの3種類のアイスクリームは、ベースとしてオートミルクを使っています。」

ドライでハイ:クリーンラベル製品が主流になるには、植物由来の常温保存イノベーションが必要

シンガポールに拠点を置く植物由来製品のThoughtful Foodは、特に超加工の課題を解決したり、よりクリーンなラベルを目指したりするブランドにとって、ドライで常温保存可能なイノベーションが重要な原動力となることに、この業界はもっと目を向ける必要があると考えている。

APACにおける植物由来肉の最も一般的な製品形態は、これまで冷凍製品であったが、これには多くの加工と保存が必要なため、多くの課題が伴う。

Thoughtful Foodの創設者であるKaren Lamによれば、製造から冷凍やチルドの要素を取り除くことは、こうした課題を減らすだけでなく、環境維持にもプラスになるという。

2033年までに主流に?新規タンパク質セクターにとって、規制上の課題が緩和されるにつれて、手頃な価格とスケールアップがますます重要になる

APACの主要な新規タンパク質技術セクターは、規制当局の反発が和らぐにつれて、スケールアップとそれに続く製品の手頃な価格が、このセクターにとって次の重要な進化のマイルストーンになると考えている。

培養肉や精密発酵といった技術は、数年前に食品・飲料業界に登場して以来、大きな進歩を遂げてきた。当時は、これらの技術が世界の食料供給に貢献するのは現実離れしているか、不可能だと考えられていた。

COVID-19パンデミックを乗り越え、今や世界中の食品規制当局が将来の代替タンパク質ソリューションとして真剣に検討する段階まで来ている。

イタリア​など一部の国では大きな反発があるものの、APAC地域では前向きな進展がみられ、規模拡大、商業化、製品の値ごろ感がより重視される分野となっている。

植物ベースの食事は妊娠糖尿病リスクを下げる: 中国のメタ分析 

植物ベースの食事は、妊娠中の妊娠糖尿病(GDM)リスクを低下させる可能性があることが、中国の研究者らによるシステマティック レビューとメタアナリシスで明らかになった。

32,006人の参加者からなる10件の研究により、植物ベースの食事パターンをより順守することが、GDM発症リスク低下のと関連が明らかになった。

また、妊娠中のプラントベース ダイエット順守もGDMリスク低下と有意な関連を示したが、妊娠前では有意な関連を示さなかった。

Related topics Japan

Follow us

Products

View more

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast