サステナビリティ抜粋:Thai Union 戦略、ニュージーランドのリサイクル、E-FISHientの培養フィッシュ、その他の特集を掲載

By Pearly Neo

- Last updated on GMT

サステナビリティ抜粋:Thai Union 戦略、ニュージーランドのリサイクル、E-FISHientの培養フィッシュ、その他の特集を掲載

Related tags Japan

パフォーマンスへのプレッシャー:Thai Union が語る、サステナビリティへの取り組みの信頼性向上-独占記事

Thai Unionは、NGOのSustainable Fisheries Partnership (SFP) と提携し、国際的に認められたシーフード・メトリクス・システムのもと、サプライチェーン全体を監査のために開放し、持続可能性への取り組みの信頼性を高めている。

同社は、気候変動、フードチェーンのトレーサビリティ、従業員の権利など、持続可能性戦略 Seachangeの策定に力を入れており、その取り組みにより、昨年のDow Jones Sustainability Indices(DJSI)で2位を獲得している。

 

リサイクルを変革:ニュージーランドの食品部門は、より明確なオンパックラベルを要求する

ニュージーランドの食品・食料品業界は、政府の最新のエコイニシアチブを成功させるためには、包装のリサイクル性を示すラベルをより明確にすることが重要だと述べている。

今年初め、ニュージーランド環境省(MOE)は、資源ごみ分別収集改善のための容器返却プログラム、および事業系食品廃棄物の分離を含む 「変換リサイクル」 と呼ばれる計画を発表した。

ニュージーランド食品・食料品評議会は、これらの計画の大部分を支持しているが、消費者により明確な情報を提供するために、パッケージ上にリサイクルに関する情報を表示することが重要であるとしている。

 

培養シーフードのスタートアップは、甚大な環境破壊阻止のために「肉付き」の良いティラピア種をターゲットにする:「我々の細胞ベースの魚は、オリジナルよりも美味しくなる」

E-FISHient Proteinは、フィッシュカツ、フィッシュフィンガー、フィッシュボールの原料を開発しており、フィッシュフィレについても同様の計画を立てている。

BioMeat社から76%の出資を受け、今後数年間の事業開発と運営資金を担う統括パートナーとしてバックアップを得ている。

 

インドネシアの食の安全確保:政府は加工食品の重金属汚染に対する規制を強化

インドネシアは、国内の食品供給における加工食品の重金属汚染を管理するため、より厳格な規制を発表した。

同国ではここ数年、貯水池開発などの産業活動が活発化しており、その結果、水路や一般環境へ重金属が溶出し、特に加工品については専門家による分析や研究所での試験なしには一般に見えないことから、消費者の懸念が高まっている。

 

ビーガンのインテグリティを検証する:インドでは、企業が規制当局の許可を得るための重要な基準としてトレーサビリティを義務付ける

インド食品安全基準局は、ビーガン製品を製造する食品企業が関連規制の許可を得るための重要な基準として、製造者レベルまでのサプライチェーンのトレーサビリティを指定した。

今年初めには、ビ―ガンのための新しい規制が直ちに施行され、「ビ―ガンのための完全性を維持する」ために、生産バリューチェーン内でのトレーサビリティを義務付けることも含まれている。

Related topics Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers