ポリシーピック:マレーシア、タイ、インドネシアなどの規制に関する最新情報を掲載

By Pearly Neo

- Last updated on GMT

ポリシーピック:マレーシア、タイ、インドネシアなどの規制に関する最新情報を掲載

Related tags Japan

栄養の強化:マレーシアはアルコールゼロ飲料の規制を正式に更新、ラベルの更新も相次ぐ

マレーシアは、アルコールゼロ飲料の表示に関する新たな規制を正式に公布し、すべての食品と飲料の特定の成分含有量と栄養表示を更新した。これらは、2年前の2020年にさかのぼるが、最近になって官報化された。

ノンアルコール飲料の場合、メーカーが最も注意すべき規制は、脱アルコール化されたすべての飲料、つまり、後で製品からアルコールを除去してノンアルコールにするために製造された飲料は、「消費者の消費を避ける」ために、ラベルに標準のノンアルコール用語を一切使うことが許されないことである。

 

明確で存在感のあるラベル:タイは食品表示規制の最新版で遺伝子組み換えの公表を義務化

タイは、食品ラベルに遺伝子組換え (GMO)原料を使用していることを公表するよう食品会社に義務付ける、食品表示規制の更新を発表した。

タイ公保健省によると、製品に含まれるGMO原材料が1つだけの場合は、ラベル上の食品名と一緒に「遺伝子組み換え」という明確な文言を表示しなければならず、複数のGMO原材料を使用している場合は、それぞれの原材料と一緒に明確に表示しなければならないとしている。

 

インドネシアの食の安全確保:政府は加工食品の重金属汚染に対する規制を強化

インドネシアは、国内の食品供給における加工食品の重金属汚染を管理するため、より厳格な規制を発表した。

同国ではここ数年、貯水池開発などの産業活動が活発化しており、その結果、水路や一般環境へ重金属が溶出し、特に加工品については専門家による分析や研究所での試験なしには一般に見えないことから、消費者の懸念が高まっている。

 

ビーガンのインテグリティを検証する:インドでは、企業が規制当局の許可を得るための重要な基準としてトレーサビリティを義務付ける

インド食品安全基準局は、ビーガン製品を製造する食品企業が関連規制の許可を得るための重要な基準として、製造者レベルまでのサプライチェーンのトレーサビリティを指定した。

今年初めには、ビ―ガンのための新しい規制が直ちに施行され、「ビ―ガンのための完全性を維持する」ために、生産バリューチェーン内でのトレーサビリティを義務付けることが盛り込まれている.

 

日本GM食品アップデート:遺伝子組換え成分含有製品への表示規制強化が発表される

日本は、遺伝子組換え成分を含む食品の表示規制を更新し、2023年に国の「非GM」表示制度更新を制定する予定としている。

今回、遺伝子組み換え表示が義務付けられた主な農産物は、大豆、トウモロコシ、ジャガイモ、菜種、綿実、アルファルファ、テンサイ、パパイヤ、からしなの9品目。最近、遺伝子組換えからしなの日本での販売について当局の承認とゴーサインを受けたため、からしながこのリストに追加された。

Related topics Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers