ブランニュー: Carlsberg、雪印メグミルク、 Baladna など、ビッグブランドを特集

By Pearly Neo

- Last updated on GMT

ブランニュー: Carlsberg、雪印メグミルク、 Baladna など、ビッグブランドを特集

Related tags Japan

ウィンウィンの選択:Carlsberg マレーシアは利益幅維持のためにプレミアム化に取り組む

Carlsberg マレーシアは、インフレ圧力、コスト上昇、値上げに対する消費者心理との戦いが続く中、プレミアム化を利益ある成長を続けるための重要な戦略として位置づけている。

同社は近頃、2022年度上半期の決算を発表し、純利益が前年同期比74.3%増の56億円、売上が29.4%増の374億円と好調だったが、将来については慎重で、下期の製品値上げに動いたと発表している。

 

コロナ後の競争力:日本の雪印メグミルク、持続可能性を重視した事業計画が政府の承認を得る

雪印メグミルク株式会社は日本政府から、2025年の完成を目標にした持続可能性に重点を置いた新しい事業計画の実施について承認を得た。

同社は昨年、改正産業競争力強化法の原則に基づいて新たな事業適応計画を策定し、これを農林水産省に提出、2022年8月に認可を受けたところである。

 

大胆な乳製品への取組み: Baladnaは、2025年にマレーシアで乳製品を商業化する計画を正式に発表

Baladnaは、マレーシアにおける乳製品ベンチャーの計画を発表した。このベンチャーは、現在の国内生産のギャップを埋めるために、数億リットルの新鮮な牛乳を生産する見込となっている。

同社は、2020年の時点から地方自治体や業界のリーダーたちとマレーシアへの参入を協議しており、当時のCEO Malcolm Jordan は、マレーシアはBaladnaの乳製品自給率向上の専門知識の恩恵を受ける最有力候補だと弊紙に語った。

 

ゼロから3,000万ドルへ:Thai Unionが植物性OMGミートにかける今後3年間の大きな期待

Thai Union 社は、自社の植物由来の肉・魚介類であるOMGミートについて、代替タンパク質部門が2025年までに3000万米ドルの収益をもたらすことを含め、今後3年間にわたる野心的な目標を示した。

OMGミートは、肉類と魚介類の両方をカバーするThai Union 初の代替タンパク質製品で、昨年発売されたばかりだが、同社はすでにいくつかの野心的な目標を掲げている。

 

日本から学ぶ:キリン、世界で最も高い高齢者層のヘルシーエイジングを最大化するためのヒントを披露 - Growth Asia Summit

日本の栄養・飲料大手キリンの幹部が、シンガポールで開催されるGrowth Asia Summitで、同社が高齢者層のヘルシーエイジングニーズにどのように対応しているかについて、独占的な洞察を披露する予定。

このイベントは10月11日から13日まで、象徴的なマリーナ・ベイ・サンズの会場で3日間開催されます。

 

Related topics Japan

Follow us

Products

View more

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast