ジャパン フォーカス:グリーンズフリー、国内の食料自給率、妊娠中の発酵食品などを 掲載

By Pearly Neo

- Last updated on GMT

ジャパン フォーカス:グリーンズフリー、国内の食料自給率、妊娠中の発酵食品などを 掲載

Related tags Japan

爽やかなリニューアル:ノンアルコールビールとウイスキーのマーケティング改革を強化

キリンは、ノンアルコールビールキリン グリーンズフリー とウイスキー 陸のマーケティングを強化し、シェア拡大を図っている。

グリーンズフリーは、キリンのノンアルコールビールの主力ブランドで、ここ数ヶ月、パッケージと味わいの両面から商品を刷新し、成長を続けている。

また、国産ウイスキーの売上を伸ばすためにリニューアルされた陸は、パッケージやウイスキーの配合を変更し、味わいや風味の改善が評価されている。

 

食料供給の苦悩:日本の食料自給率目標、2021年に10年ぶりの低水準となり後退

2030年までに食料自給率を高めるという日本の長年の目標が、政府のデータにより過去10年間で最低の数値に落ち込んだことが明らかになり、大きな後退を余儀なくされた。

日本は、食料自給率が数十年にわたって継続的に低下していることについて、状況を逆転させようとしている。

農水省の分析によると、2021年度の食料自給率は、国民へのカロリー供給という点では、2020年度の37%から2021年度の38%へと1% 改善したが、国内生産に基づくと67%から63%へと4% 減少している。

 

発酵で「冬眠」:妊娠中に母親が発酵食品を摂取すると、乳幼児は10時間以上眠れる可能性が高くなる

妊娠中に母親が発酵食品を摂取すると、乳幼児は10時間以上眠れる可能性が高いことが、日本の研究で明らかになった。

チーズや味噌などの発酵食品は睡眠不足のリスクを低減できることが判明した、これは健康な発育のために十分な質の良い睡眠を必要とする子どもにとって重要なことである。

 

ホットなターゲット:南オーストラリア州の食品輸出戦略では、今後5年間でAPAC7つの主要市場に焦点を当てる

南オーストラリア州の食品・飲料5ヵ年輸出戦略は、2027年までの今後5年間で10の優先市場に焦点を当て、そのうち7つはアジア太平洋地域を中心としている。

南オーストラリア州は、2027年までの今後5年間に付加価値の高い食品と飲料に資源を投入することを決定し、同州の伝統である国と業界団体の協力関係を活用し、付加価値の高いブランドと製品の輸出を2027年までに30億オーストラリアドル(約287億円)に拡大することを目指しており、2021年の26億4000万オーストラリアドルドル(約253億円)から年率3%で成長する。

 

日本から学ぶ:キリン、世界で最も高い高齢者層のヘルシーエイジングを最大化するためのヒントを披露 - Growth Asia Summit

日本の栄養・飲料大手キリンの幹部が、シンガポールで開催されるGrowth Asia Summitで、同社が高齢者層のヘルシーエイジングニーズにどのように対応しているかについて、独占的な洞察を披露する予定。

このイベントは10月11日から13日まで、象徴的なマリーナ・ベイ・サンズの会場で3日間開催されます。

Related topics Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers