ジャパン・フォーカス:英国への食品輸出促進、遺伝子組換え食品の表示ルール、明治の機能性乳飲料など、注目の特集が目白押しです。

By Pearly Neo contact

- Last updated on GMT

ジャパン・フォーカス:英国への食品輸出促進、遺伝子組換え食品の表示ルール、明治の機能性乳飲料など、注目の特集が目白押しです。

Related tags: Japan

プロモーション活動:日本が英国への食品輸出促進のためにマーケティング キャンペーンを開始

福島原発事故の影響を受けた地域の日本の食品会社は、英国が輸入規制をすべて撤廃したことに「大いに勇気づけられる」とし、当局は現在、食品・飲料の販売促進のために大規模なマーケティング活動を準備している。

この展開は、英国食品基準庁(FSA)が、規制が撤廃された場合の人体への放射線リスクに関するリスク評価報告書を発表し、その結果が日本に非常に有利なものであったと報告されてから約半年後のことである。

 

GM食品アップデート:遺伝子組換え成分を含む製品の表示規制強化が発表される

日本は、遺伝子組換え成分を含む食品の表示規制を更新し、2023年に国の「遺伝子組換えでない」などの表示制度の更新を制定する予定である。

これらにはより強力な表示管理が必要だと考える政府部門もあれば、遺伝子組換え作物が地域の生態系や食の安全に危険を及ぼさないことを証明するために活動している部門もある。

消費者庁(CAA)は、主要農産物9品目をGM表示義務化の対象とし(従来の8品目から増加)、これらを原材料として使用する加工食品も対象とすると発表した。

 

宅配でお届け:明治、GABA配合の最新FFCを宅配便で新発売

明治は、国内での市場競争が激化する中、最新の機能性表示食品(FFC)乳飲料「明治5つ星習慣」を宅配限定で発売する。

製品は、①ストレスや緊張を和らげる、②血圧をサポートする、③記憶力を高める、④中性脂肪を抑制する、⑤血糖値の上昇を抑制する、という5つの機能性を訴求した乳性飲料。

食物繊維の難消化性デキストリンと、過去2年間で最もFFCに使用された成分であるGABAが配合されている。

 

サルコペニアに可能性?NMNの摂取が高齢男性の運動機能を改善することが、三菱の資金提供による研究で示される

三菱商事ライフサイエンス株式会社は、ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)を摂取することにより、歩行速度や左握力などの運動機能が大幅に改善されることが、同社が出資する臨床試験で明らかなったことを発表した。

この研究成果は、東京大学、東京大学医学部附属病院、富山大学、虎の門病院、三菱商事ライフサイエンスの研究者によって発表された。

 

Impossible Foods社、APACにおける植物由来の持続的な成功の秘訣を明かす - Growth Asia Summit

シンガポールで開催されるGrowth Asia Summitで、Impossible FoodsのシンガポールとUAEでの事業拡大を統率してきた幹部が、APACにおける同社の植物由来の持続的成功について講演します。

このイベントは10月11~13日にマリーナ・ベイ・サンズで開催され、業界のビッグブランド、一流の学者、政策の専門家、アジアを中心とした最も革新的なサプライヤーの専門的な見識が紹介される予定です。

Related topics: Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast