トレンド トラッカー:シンガポールの培養肉問題、Farm Freshのヘルシースナッキング、 Gryphon TeaのESGなど

By Audrey Yow

- Last updated on GMT

トレンド トラッカー:シンガポールの培養肉問題、Farm Freshのヘルシースナッキング、 Gryphon TeaのESGなど

Related tags Japan

Trend Trackerは、シンガポールの培養肉部門が直面する問題、Farm Freshのヘルシースナッキング戦略、Gryphon TeaのESGなどを取り上げています。

シンガポールの培養肉:大々的な宣伝の後、「資金調達の冬」の中で将来はより困難に見えるか?

世界的な「資金調達の冬」の中で、業界の多くのスタートアップが規制と財務の観点から 「あるべき場所」と考えているシンガポールでさえ、培養肉部門は長期的な資金調達と成長の不確実性に直面しているようだ。

業界全体を見ると、専門家は投資とリターンの期待に慎重になるよう促している。

GMGの冷凍食品ブランド「Farm Fresh」、Z世代を取り込むためヘルシースナッキング  カテゴリーに多角化

アラブ首長国連邦のコングロマリット、Gulf Marketing Group(GMG)の冷凍食品        ブランド、Farm Freshは、特に「年高のZ世代と年少のミレニアル世代」をターゲットに、健康的なスナックに焦点を移すという最新の成長戦略を発表した。

GMGのマーケティング担当バイスプレジデント、Roy Nasrallah氏によると、スナック   菓子は現在最も急速に成長しているカテゴリーとなっている。このことは、現在の市場トレンドと、食の世界がどこに向かっているのかを物語っている。そのためGMGは、スナック菓子の選択肢を通じて、Farm Freshをブランドとして再構築する必要性を認識している。

ターゲットを絞ったESGが長期的な経済的メリットをもたらす理由を語るGryphon Tea Company

シンガポールを拠点とするGryphon Tea Companyは、持続可能性への取り組みを、効率性を高め、コストを削減し、競争力を高めるための長期的な投資と捉えている。

「当社にとって、ESGの目標を中核的な事業戦略に組み込むことは重要であり、それには事業、文化、価値観の根本的な転換が必要です。転換を総合的に行うために、私たちは全てのプロセスを見直し、どうすればより持続可能なものにできるかを検討しました。この移行には多大な投資と技術的知識が必要であり、限られたリソースを管理する中小企業にとっては特に難しいことです」と、Gryphonの創業者であるLim Tian Weeは語る。

フルーティーなパラドックス:Zespri は、ナッジ理論がAPACの低い果物消費量を増加  させることを期待

APACにおける果物の摂取量は、依然として推奨レベルを大きく下回っている。Zespri の最近の調査によると、推奨されている1日あたり5サービングを摂っているヒトは約10%に過ぎない。

Zespriイノベーション&サステナビリティ オフィサーのJiunn Shihは、「これは本当にパラドックスです。世界保健機関(WHO)は20年以上にわたって、この割合の果物と野菜の摂取を促していますが、APACではこの推奨摂取量にはほど遠いことがわかります。

先進国市場であるシンガポールでも50%以上のヒトが毎日果物を食べておらず、調査したヒトの93%がもっと果物を食べたいと回答しています」

インクルージョンと手頃な価格:アジアの新興市場が持続可能性のアジェンダから外されるリスクがある理由

アジアとアフリカの途上市場は、インクルージョンと手頃な価格が栄養改善の中心に据えられない限り、より持続可能な食料システムを構築する取り組みから外されるリスクが  ある。

インクルージョンは長期的に重要であるにもかかわらず、インクルージョンのトピックに同等の重点が置かれなければ、途上市場はいかなる進展からも外される可能性があると専門家は懸念している。

Related topics Japan

Follow us

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast