より健康的な選択:ヘンプとアーユルヴェーダ、ファンクショナル スナッキング、プロバイオティック ドリンクなど

By Hui Ling Dang

- Last updated on GMT

©Getty Images
©Getty Images

Related tags Japan

ヘンプとアーユルヴェーダ、機能的スナック、プロバイオティック ドリンクなど、「Healthier Choices」の特集です。

ウェルネスの強化:ヘンプとアーユルヴェーダを組み合わせたイノベーションが大衆市場を獲得する鍵を握る

インドのHemp Horizons社は、麻の実の栄養とアーユルヴェーダのウェルネス効果を組み合わせた革新的アプローチが、この分野をより多くの消費者層にアピールする鍵になると考えている。

インドやタイをはじめとするアジア各国の食品規制当局は近年、麻の実や関連製品に対する規制を緩和しており、健康とウェルネスに強い関心が集まる中、消費者の関心も高まっている。

ヘンプシードには、高タンパク、オメガ脂肪酸、抗酸化作用など、多くの栄養効果がある。

Hemp Horizons社は、アーユルヴェーダ ハーブを配合することで、より高い顧客価値を提供できると考えている。

インドのProV Foods社、機能的で便利なスナッキングの未開拓の機会に参入

ムンバイに本社を置くProV Foods社は、インドで機能的なスナックに対する需要が高まる中、ヘルシーで手軽なスナックとフレーバーのイノベーションに力を注いでいる。

ProV Foods社の共同設立者兼CMOであるShalin Khanna氏によると、インドの新興ヘルシースナッキング分野には未開拓のカテゴリーがいくつか残っている。

これらには、栄養バーの「bars and bites」などがある。

Nurtureは東南アジアに照準を合わせ、消化+プロバイオティク ドリンクシリーズを拡大

FonterraブランドのNurtureは今年、ストレス緩和と肌の健康をターゲットに、粉末プロバイオティク ドリンクシリーズを拡大する予定である。

同ブランドは同時に、シンガポールでこのシリーズをオフラインで紹介し、マレーシア、  インドネシア、タイにおける潜在的な市場を探っている。

これらはすべて、ウェルネス分野へのFonterraの戦略的な動きの一環であり、東南アジアを地域のハブとして位置づけている。

Nurture社は、昨年4月に「Digestion + Immunity」、11月に「Digestion + Energy」と「Digestion + Focus」を含む一連の製品を発表した。

「加糖」の定義: FSANZは移行期間の延長を求める業界の要望に同意、低エネルギー糖の除外は拒否

豪州・ニュージーランド食品基準機関(FSANZ)は、今後予定されている「無添加糖」表示政策の一環として使用される「添加糖類」の定義を正式に公示し、食品・飲料業界からの提案に基づき、より長い移行期間を認めた。

政府は2023年9月、オーストラリアとニュージーラ ンドの閣僚からの要請を受け、加糖を適切に定義する​ためのプロセスを開始した。

最も多く寄せられた要望のひとつは、提案された「添加糖類」リストに含まれる特定の糖類や原材料を分類する移行期間を、当初提案された2年から長くすることであった。

感覚と溶解性:APACの高齢消費者層にアピールする強化飲料の鍵となる口当たりと味わい

カルシウムなどのミネラルを強化した体に良い飲料は、APACの高齢消費者の高まる需要を満たすために、滑らかな口当たりと味を確保する必要がある。

パーム油大手のMusim Mas社によると、これは健康とウェルネスのトレンドを満たすことと同じくらい重要だという。

「特に高齢の消費者がより知識を深め、自分が何を摂取しているかを意識するようになるにつれ、健康的な強化飲料に対する大きな需要があると見ています」と、Musim Mas社の乳製品・冷凍デザート担当マネージャーCecilia Ng氏はFoodNavigator-Asia​誌に語った。

Related topics Japan