代替タンパク質:サナギを使ったスナック、植物由来の常温保存可能な肉、Thai UnionのOMG Meatシリーズなどを特集

By Pearly Neo

- Last updated on GMT

代替タンパク質:サナギを使ったスナック、植物由来の常温保存可能な肉、Thai UnionのOMG Meatシリーズなどを特集

Related tags Japan

サナギの進化:高タンパク・低ナトリウムの蚕スナック「Eri Rocket」が発売される

Kokoonic 社は、高タンパク低ナトリウムの新しいスナック「Eri Rocket」を Snack of the Generation として上市、健康志向と持続可能性を求める消費者を取り込むことができるとみている。

同社の新しいスナック製品群は、クラッカー、チップス、海藻スナック製品で構成される予定。

 

アンビエントな野心:乾燥植物性代替肉は、よりクリーンで便利なソリューションを提供 できるか?

乾燥した常温保存可能な植物由来の肉は、代替タンパク質業界に、よりクリーンで便利な選択肢を提供すると同時に、より長い保存期間と安定性を提供できる可能性がある。

植物性食品の分野では、乾燥型の常温保存があまり検討されていなかったが、シンガポールのThoughtful Food社のように、このフォーマットが、まだ克服できていない多くの問題を解決する答えになると考える企業が増えている。

 

ゼロから3,000万ドルへ:Thai Unionが植物性OMGミートにかける今後3年間の大きな期待

Thai Union 社は、自社の植物由来の肉・魚介類であるOMGミートについて、代替タンパク質部門が2025年までに3000万米ドルの収益をもたらすことを含め、今後3年間にわたる野心的な目標を示した。

OMGミートは、肉類と魚介類の両方をカバーするThai Union 初の代替タンパク質製品で、昨年発売されたばかりだが、同社はすでにいくつかの野心的な目標を掲げている。

 

植物の力:2025年までに25%の成長が見込まれるアジアの植物由来のスタートアップ企業の現状

アジアの植物性タンパク質のスタートアップ企業の状況は、2025年までに25%成長する見込みとなっている。これは、準菜食主義に注目するアジア人が増え、地域全体の企業がこれらの人々の味覚に合った製品を開発しようと努力しているためである。

このようなスタートアップ企業は、製品をローカライズし、大豆、小麦、エンドウ豆のタンパク質以外の地元の食材を活用する能力があるため、国際的な同業他社よりも高い競争力があると、Big Idea Ventures(BIV)の創設者 Andrew D Iveは述べている。

 

アジアの消極性を克服:シンガポールの植物性ランチョンミート「ANEW」、42の引受市場で発売へ

シンガポールの食品大手 OTS Holdingsは、植物由来のブランドANEWを、植物由来の認知度、普及率、導入率がすでに高い市場に輸出し、従来の肉から離れがたい消極的なアジアの消費者を克服することを目指している。

米国、カナダ、ヨーロッパ、中国など42の市場においてANEWの上市と商標登録を計画している。

Related topics Japan

Follow us

Products

View more

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast