今が旬:Shiok Meatsの2023年の商業計画、APACの代替タンパク質、アップサイクルされた大豆チーズなどを紹介

By Pearly Neo

- Last updated on GMT

今が旬:Shiok Meatsの2023年の商業計画、APACの代替タンパク質、アップサイクルされた大豆チーズなどを紹介

Related tags Japan

大きな前進:Shiok Meats、養殖エビが50米ドル/kgの節目に達し、2023年の商業生産開始計画を確認

Shiok Meatsは、生産コストが念願の1kgあたり50米ドルの節目まで下がったことを明らかにし、2023年末までの商業打ち上げ計画の実現にさらに近づいたと発表した。

2020年当時、1kgあたりの価格は約7,000米ドルで推移しており、今回の更新は、同社が過去2年間で大きな前進を遂げたことを示すものとなる。

 

肉は敵ではない:植物性タンパク質がタンパク質の未来にならないかもしれない理由 - Growth Asia Summit

植物性タンパク質分野への関心の高まりを受けて、業界をリードする専門家が、来るGrowth Asia Summitで食肉のケースを論証する予定になっている。

このイベントは10月11日から13日まで、シンガポールの象徴的なMarina Bay Sandsで3日間開催されます。

 

大豆副産物:シンガポールの企業提携により、おからを植物性チーズにアップサイクル

シンガポールの食品会社が企業提携により、大豆の副産物であるおからを独自の技術で植物性チーズ製品にアップサイクルすることを目指している。

Hafnium Hafawayのパートナー兼エグゼクティブディレクターのFrancis Tanは、大豆チーズは、世界的に急速に発展している代替タンパク質の分野で独自の地位を占めていると述べている。Tanによると、ヴィーガン向け代替乳製品市場は2022年に25億米ドル、2030年までのCAGRは12.6%と推定される。

 

明確で存在感のあるラベル:タイは食品表示規制の最新版で遺伝子組換えの公表を義務化

タイは、食品ラベルに遺伝子組換え(GMO)原料を使用していることを公表するよう食品会社に義務付ける、食品表示規制の更新を発表した。

これまでタイには、食品パッケージへの遺伝子組換え原料の表示に関する特別な規制はなかったが、最近、タイ保健省は、遺伝子組換え製品を扱うすべての食品メーカーが、ラベル上にこれらの使用を公表しなければならないと発表した。

 

中国COVID-19の最新情報:ウイルス検査で陽性と判定された 「低リスク」 食品の輸入は許可されているが、冷凍品はいまだに凍結状態

中国は、包装表面でのウイルスの生存時間が短いことを理由に、COVID-19の「検査で陽性」となった「低リスク」の食品および飲料の輸入規制を緩和した。

政府は食品・飲料の輸入規制を緩和する方向で動いており、おそらく国際貿易を軌道に戻す意図があると思われるが、残念ながらコールドチェーン商品はこの緩和の対象外となっている。

Related topics Japan