ジャパン フォーカス: アサヒの成長計画、雪印メグミルクの持続可能性戦略、新たな輸出フォーカスとしてのベトナムなどを特集

By Pearly Neo

- Last updated on GMT

ジャパン フォーカス: アサヒの成長計画、雪印メグミルクの持続可能性戦略、新たな輸出フォーカスとしてのベトナムなどを特集

Related tags Japan

混乱は終わらない:アサヒ、コスト削減の圧力が高まる中、缶ビールと健康志向のイノベーションを推し進める

アサヒは、10月からの日本におけるコスト圧力に備え、缶ビールと健康志向のイノベーション事業にさらに強く注力する計画を強調した。

同社は今月初め、2022年度上半期の決算を発表し、好業績は日本での業務用ビールと缶ビール事業、そしてオーストラリアでのクラフトビール事業の成長によると評価したが、グローバルなサプライチェーンに影響を及ぼす複数のコスト上昇がまだあることを認めた。

 

コロナ後の競争力:日本の雪印メグミルク、持続可能性を重視した事業計画が政府の承認を得る

雪印メグミルク株式会社は日本政府から、2025年の完成を目標にした持続可能性に重点を置いた新しい事業計画の実施について承認を得た。

同社は昨年、改正産業競争力強化法の原則に基づいて新たな事業適応計画を策定し、これを農林水産省に提出、2022年8月に認可を受けたばかりである。

 

輸出拡大:日本はベトナムを食品の新たな一大ホットスポットと見なす

日本は食品輸出の主要目的地としてベトナムに照準を合わせ、既存の取引業者やこれから取引を行おうとしている業者を支援するため、ベトナムに専門的な輸出プラットフォームを設立した。

政府は2025年までに2兆円、2030年までに50兆円の輸出目標を掲げている。日本の輸出を拡大するために市場ごとのアプローチをとっており、関心のあるさまざまな市場、最近ではホーチミンに輸出支援プラットフォームを徐々に設立してる。

 

記憶ケア:雪印メグミルクとキリン、日本の高齢者市場に向け機能性飲料を共同開発

雪印メグミルクは、キリンと共同開発した「メモリーケア」機能性表示食品(FFC)を日本で発売した。

このヨーグルト風味の飲料は、キリンの独自成分であるβ-ラクトリンを含んでおり、加齢とともに低下する記憶力、特に手がかりや指示に基づいて思い出す能力の維持をサポートするとしている。

 

はい,チーズ:インドネシアのブランド Mazaraat Artisanal Cheese が第二工場で生産量4倍を目指す

Mazaraat Artisanal Cheese社は、第2工場を建設し、1日の生産量を4倍にし、さらに多くのアジア太平洋地域の市場に参入する計画している。

生産量の増加により、2023年にはマレーシア、フィリピン、タイ、ベトナム、カンボジアなど東南アジアのより多くの国々に、2024年には日本やその他の国々にチーズを流通させる予定である。

Related topics Japan

Follow us

Products

View more

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast