トレンド トラッカー: Unilever India、Shiok Meats、Nestle Malaysiaなどの特集を掲載

By Pearly Neo

- Last updated on GMT

トレンド トラッカー: Unilever India、Shiok Meats、Nestle Malaysiaなどの特集を掲載

Related tags Japan

商品への懸念:Unilever Indiaは、インフレ問題に対処するため、紅茶の回復と健康食品のイノベーションに焦点を当てる

Hindustan Unilever Limited(HUL)は、インドで続くインフレ問題に対処するため、紅茶と健康食品のポートフォリオに再び焦点を当てることを強調している。

HULは先日、2022年度第2四半期の決算を発表し、健全な全体的成長を明らかにしたが、大麦、パーム油、ポリエチレンなど、製品の製造に使用する様々な主要原料を含め、同社が現在直面しているインフレの課題に多くの議論が集中した。

 

大きな前進:Shiok Meats、養殖エビが50米ドル/kgの節目に達し、2023年の商業生産開始計画を確認

Shiok Meatsは、生産コストが念願の1kgあたり50米ドルの節目まで下がったことを明らかにし、2023年末までの商業打ち上げ計画の実現にさらに近づいたと発表した。

Shiok Meats グループ共同設立者兼CEOのSandhya Sriramは、以前は1万米ドルや5千米ドルであったのに対し、これは「本当に大きな節目であり、大きな勝利」であると述べている。

 

さらなる逆風:Nestle Malaysia2022年前半のASEANにおける成長率にも拘らず後半は厳しいと予測

Nestle Malaysiaは、今年上半期のASEAN圏における成長を牽引して好業績をあげたにもかかわらず、食品・飲料大手にとってサプライチェーンと原材料費の上昇が続く事により2022年の残りの期間は激動の時期になるとみている。

Nestleは最近、2022年上半期の健全な成長を見せた財務実績を発表したが、世界的なインフレに起因する平均6.5%の値上げと連動している。Nestle Malaysiaは、Nestle にとってアジア最大の市場の一つであり、この業績にもかかわらず、インフレが引き続き影響するとみている。

 

アジアの消極性を克服:シンガポールの植物性ランチョンミート「ANEW」、42の受け入れ市場で発売へ

OTSホールディングスは、植物由来のブランドANEWを、植物由来の認知度、普及率、導入率がすでに高い市場に輸出し、従来の肉から離れがたいアジアの消費者を克服することを目指している。

米国、カナダ、ヨーロッパ、中国を含む42の市場において、ANEWの上市と商標登録を計画中である。

 

「人種のるつぼ的な考え」を放棄:文化と地域化によってますます推進されるAPAC食品企業におけるフレーバー イノベーション

APAC地域のブランドのためのフレーバー イノベーション プロセスは、文化と現地化によってますます推進されており、この地域の大手食品会社の多くはすでにこのトレンドの重要性を理解している。

欧米市場に焦点を当てている多くの企業が、新製品や既存の製品ライン向けに新たなフレーバーを生み出す際に、主に新規性や異国情緒によって動かされているのに対し、アジア太平洋地域では、フレーバーのイノベーション プロセスは主に文化や地域化の要因によって動かされている。

Related topics Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers