安全第一:新しい食品安全技術、食品包装のCOVID-19汚染、リンの不適切な管理などを取り上げています。

By Pearly Neo contact

- Last updated on GMT

安全第一:新しい食品安全技術、食品包装のCOVID-19汚染、リンの不適切な管理などを取り上げています。

Related tags: Japan

バーコードの先にあるもの:CP FoodsGolden AgriThai Unionなどが安全性と由来確認のために新しい技術をどのように利用しているか

Thai Union、CP Foods、Golden-AgriなどのAPACの主要な食品・飲料企業は、製品の信頼性を確保、粗悪化を防止し、消費者にサプライチェーンと産地情報を提供するために、従来のバーコードやQRコード以外の新しい技術を利用している。

今回のFNA Deep Diveでは、この分野の急速な構成と規模、そして開発されている最新のオプションのいくつかを詳しく見ていきます。

 

COVID-19の汚染:冷凍食品にウイルスが付着する恐れ--中国公衆衛生当局が調査

中国の公衆衛生当局が発表した新しい論文によると、食肉・家禽加工工場や市場から出荷される冷凍食品は、COVID-19ウイルスに汚染されている可能性がある。

科学者たちは、2020年7月から2021年7月にかけて、食肉処理、生産・加工、保管、輸送、小売の際に輸入および国内のコールドチェーン食品とその外側または内側の包装の標本を5500万本以上収集し、分析した。また、環境サンプルと人間からのサンプルも収集した。

 

リン危機は食糧と水の安全保障を脅かすが、その解決策は?

世界的なリンの不適切な管理が、水と食糧の安全保障の両方を脅かしていると、科学者が新しい主要な報告書で警告している。

耕地作物は根の発達のためにヘクタール当たり平均50~100 kgのリンを必要とするが、世界の農業生産は現在、作物肥料、家畜飼料、食品添加物に使用するためにリン酸塩岩から抽出される無機リンの添加に依存している。

 

ビタミンAの補給がアフガニスタンの子どもたちの欠乏症を減らす-調査結果

ビタミンAの補給は、アフガニスタンの子どもたちの欠乏症を減らすのに役立っており、研究者は、生後6カ月から59カ月のすべての子どもたちに補給を受けるよう推奨している。

アフガニスタンでは、ビタミンAの欠乏は大きな問題であり、補給は幼児における欠乏を防ぐための重要な国家戦略である。直近の下痢性疾患症歴、夜盲症の報告、母性教育年数が9年未満、卵、マンゴー、レバーの摂取頻度が少ないなどの要因が、ビタミンA欠乏症のリスク上昇と関連していた。

 

マイクロプラスチックの重大な恐怖:毎月5,000個を持ち帰り用容器から摂取している可能性

毎月5回から10回、テイクアウト食品を注文する中国の消費者は、大気中の堆積物や容器の内側表面から剥がれ落ちた粒子によって、145個から5,520個という驚異的な数の微細プラスチックを摂取している可能性があることが判明した。

最も一般的なプラスチックの種類は、ポリアミド、ポリウレタン、ポリスチレンで、マイクロプラスチック全体の粒子数の22.8%、18.2%、8.5%を占めている。

Related topics: Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast