安全第一:子供の食物アレルギー、大豆飲料の不正防止、コオロギ摂取リスクなどの特集を掲載しまし

By Pearly Neo contact

- Last updated on GMT

安全第一:子供の食物アレルギー、大豆飲料の不正防止、コオロギ摂取リスクなどの特集を掲載しまし

Related tags: Japan

用心が肝心:オーストラリアの研究者らは、子供の食物アレルギーが減少していることに気を緩めないように警告している​ 

オーストラリアの研究者は、乳児栄養ガイドラインの変更によりアナフィラキシー発症率が大幅に低下したという最近の研究結果にもかかわらず、子どもの食物アレルギーについて現状に満足しないよう警告している。

研究者らは、アレルギー予防のためのガイドラインが、食物アナフィラキシーによる入院を減らすことに影響しているかどうかを調査した。影響のひとつは、アレルギーの発症を防ぐために、1歳前の乳児にアレルゲンを導入することであった。その結果、1歳から14歳までの子どもたちの食物アナフィラキシー発症率が低下していることが認められた。

 

大豆の規約:日本は、不正な表示を減らし、公正な取引を確保するため、飲料の表示規則を厳格化した

日本政府は、不正行為を防止するとともに、国内市場におけるブランド間の公正な競争を確保するため、大豆飲料の表示に関する規制強化を行うことを発表した。

多くのメーカーが参入しているため競争が激しく、製品ラベルの誇張や不正表示に対する社会的な懸念が高まっている。このため、公正取引委員会(JFTC)と消費者庁(CAA)は、これらの製品についてより厳格な表示規則を発令した。

 

コオロギに興味がある? シーフードアレルギーの人は要注意-タイのレビュー

タイのマヒドン大学の研究者は、シーフードアレルギーの患者に対し、代替食品として導入され、タイなどで好まれているコオロギタンパク質を摂取する際には注意するよう警告した。

コオロギは高タンパク質、高アミノ酸、高脂肪酸を含み、その他の健康効果も期待できるが、研究者は昆虫アレルギーが摂取時の潜在的なリスクであることを発見した。特に過敏性経路が似ているシーフードアレルギーがあるヒトは注意が必要である。

 

ロシアの侵攻による影響:韓国は穀物不足を防ぐために代替戦略を模索中

韓国は、現在進行中のウクライナ紛争による供給不足を防ぐため、代替的な穀物調達戦略と輸入源を導入している、特に穀物については、小麦とトウモロコシの輸入量の10%以上がウクライナ産である。

これらの損失は、一般的に穀物価格の急騰をもたらす供給の不安定性に加えて、地元の食料と飼料部門の両方に悪影響を及ぼす事になる。農林畜産省は関連する対策について話し合い、実施するための委員会を召集した。

 

加工食品に警告表示?インドの規制当局、健康の星評価計画のさらなる推進を要請

インドの食品規制当局であるインド食品安全基準局(FSSAI)は、包装食品の来たる健康星評価(HSR)制度の一環として、砂糖、塩、脂肪の「警告ラベル」を包装に含めるよう要請している

FSSAIは最近、インドの消費者がHSRを最も好んでいるため、HSRに基づいた包装食品の包装前面表示 (FoPL) 規則を新たに導入すると発表したが、さらなる調査で、明確な「警告ラベル」もこの変更の一部とするよう求めている。

Related topics: Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast