ブランニュー:Penfolds、Nestle、Carlsberg、その他有名ブランドの新商品をご紹介します。

By Pearly Neo contact

- Last updated on GMT

ブランニュー:Penfolds、Nestle、Carlsberg、その他有名ブランドの新商品をご紹介します。

Related tags: Japan

ワイン用語の再構築:ペンフォールズGM、プレミアムワイン販売に向けたワイン小売の近代化について語る - 独占インタビュー

オーストラリア ワイン大手、Penfolds社のインターナショナルGMが、独占インタビューにおいて、消費者の購買習慣を価格からプレミアム化へとシフトさせるために、小売コンセプトを近代化することの重要性を強調した。

COVID-19により、ペンフォールドのようなワインブランドは、従来のサンプリングによるプロモーション方法がマスク着用規制により妥当ではなくなったため、リテールコンセプトと戦略のアップグレードに特に注意を払う必要が生じている。

同社が最近実施したブランド調査により、ワイン購買を促進するためには小売の可視性が重要であることが確認され、この要件に対応するために戦略を転換しなければならなかった。

 

社会的責任ある値上げ?ネスレは、補償不可なコスト増加の場合のみ、APACでの値上げ行う

ネスレは、ゾーン アジア・オセアニア・サハラ以南アフリカ(AOA)における過年度のポジティブオーガニックグロースを発表、補償不可コスト上昇の結果として避けられない値上げは、「社会的責任」のある方法で消費者に転嫁することをAPACの消費者に約束した。

ネスレは2月17日、2021年度通期決算を発表し、総売上高は11兆5200億円、利益は1兆9千億円で、全体で7.5%の有機的成長を達成した。同社のCEOは、同社が補うことのできない商品コストの上昇は製品価格に反映させなければならないかもしれないと述べ、アジア太平洋地域は同社にとって「非常に重要」であると強調している。

 

Carlsbergマレーシア、増益とプレミアム人気にもかかわらず「厳しい」1年を予測

Carlsberg マレーシアは、昨年は利益とプレミアム製品の売上が大幅に増加したものの、

コストの上昇とCOVID-19オミクロン変異株を考慮すると、2022年はビール業界にとって厳しい状況が続くと予測している。

同社は2021年2月17日に2021年度決算を発表し、純利益は23.9%増の58億3千万円)を記録し、年間売上高は横ばい(0.73%減)の516億7千万円となったが、COVID-19ケースの急増とマレーシア国内のナイトクラブなど様々なオン・トレード店舗の継続的な閉鎖は引き続き同社にとっては不安要素である。

 

再利用と詰め替え:シンガポール初のオメガ3サプリメント詰め替え用パックをWatsonsが販売

Watsonsシンガポールは、地元のサプリメントブランドであるOcean Health社と共同で、国内で初めてオメガ3サプリメントの詰め替え用パックを発売した。

価格はSGD$29.90(2,704円)で、各詰め替えパックには,それぞれ1000mgのオメガ3が含まれる190粒のソフトジェルカプセルが入っている。

この発売は、両社のプラスチック削減と持続可能性への取り組みの一環であり、60粒入りの通常ボトルSGD$21.60(1,953円)、180粒入りのラージボトルSGD$32.50(2,939円)より低価格に設定されている。

 

法人向け代購ブーム:乳児用調製粉乳メーカー Bubs社は、販売者向けの正式プラットフォームにより売り上げを伸ばす

Bubsの報告によると、個々の販売業者が調達や配送などのハードルを乗り越えられるように支援する法人向け代購による売上高の伸びは、過去最高 276%を記録した。

学識経験者は、小売大手の代理店が商品の調達、配送、その他の物流や管理の問題を管理するための良い方法として、正式な法人向け代購チャンネルを取り上げている。

Related topics: Japan

Related news

Follow us

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast