ジャパン・フォーカス:食品廃棄物削減の取り組み、アルコール産業への懸念、CRUST社のアップサイクル計画など、様々な特集を掲載しました

By Pearly Neo contact

- Last updated on GMT

ジャパン・フォーカス:食品廃棄物削減の取り組み、アルコール産業への懸念、CRUST社のアップサイクル計画など、様々な特集を掲載しました

Related tags: Japan

巻き寿司大暴れ:消費者の関心が高まる中、日本の食品企業が力を合わせて廃棄物削減に取り組む

日本政府とサントリーや桂新堂などの食品会社は、技術やアップサイクルの機会を模索し、季節ごとの生産過剰問題に焦点を当てながら、食品廃棄物対策に力を注いでいる。

このような状況下で懸念される製品の一つが、冬の最後となる2月に食べるお目出度い恵方巻である。日本では多くの食品会社や小売店が恵方巻を製造・販売しているが、無秩序な製造による食品ロスを懸念する声が消費者から上がり、政府による対策が進められている。

その他、生産現場での技術活用や、食品廃棄物のアップサイクルによる新商品の開発など、食品廃棄物削減の取り組みがある。

 

「苦境」:COVID-19規制の新ラウンドで打撃を受ける日本のアルコール業界、成長に懸念を表明

日本のアルコール業界は、日本のCOVID-19規制がアルコール業界の成長に与える影響を懸念しており、多くの企業が流動的で不確実な状況下にあり、伝統あるビール各社でさえ、より広範な分野への進出を検討している。

政府は今年初め、新型コロナウイルス感染者数の増加により日本の14都道府県に 「まん延防止等重点措措置」を実施、数々の規制によりアルコールの販売にマイナスの影響を生じさせた。これは日本における、2度目の非常事態宣言と新型コロナウイルス感染症関連の大規模な自粛要請が行われ、2021年4月から5月にかけて最も厳しい措置が実施された。

 

コブランディングのコラボレーション:CRUST社は、大手食品会社がアップサイクルの恩恵を受けるための新しいモデルを発表

アップサイクリング製品企業のCRUSTは、大手食品・飲料ブランドと協力して、既存の食品廃棄物から新しい提携製品を開発するという新しいアップサイクリングビジネスモデルを発表した。主なターゲット市場は、シンガポールと日本となっている。

CRUSTグループの創業者兼CEOのTravin Singhによると、従来の自社によるアップサイクル製品の製造・販売というビジネスモデルに加え、他の食品・飲料メーカーの研究開発パートナーとして、独自のアップサイクル製品の開発に取り組む新しいビジネスモデルが追加される。

 

低栄養リスクのある高齢者において、経口栄養補助食品の摂取が体重、BMIを増加させる-明治による研究

明治と鎌倉リハビリテーション・セントテレーズ病院の臨床研究により、経口栄養補助食品(ONS)の補給は、低栄養リスクのある高齢者の体重と体格指数を増加させることが示された。

高齢者を対象に、明治メイバランスONS製品を1日2回摂取してもらったところ、体重、BMI、筋肉量などに著しいプラスの影響があることがわかった。

 

活きている酵素の市場規模は計り知れない:消化器系の健康と体重管理のトレンドについて、日本の新谷酵素が語る

日本の大手サプリメントブランドである新谷酵素は、消費者の消化器系の健康や体重管理への関心を背景に、活性酵素製品の市場は計り知れないと確信している。

新谷酵素は、日本の著名な胃腸内科専門医である新谷弘実博士によって開発され、穀物発酵と米発酵による活性酵素原料を使用しており、新しい消費者と市場に展開することで、市場の成長可能性は大いにあると確信している。

Related topics: Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast