今が旬:Hippo Energy Drink、2024年の注目カテゴリーとトレンド、OATSIDE成長計画、その他ソーシャルメディアのトレンドニュース

By Hui Ling Dang

- Last updated on GMT

©Getty Images
©Getty Images

Related tags Japan

「Hot Right Now」では、Hippo Energy Drink、2024年の注目カテゴリーとトレンド、OATSIDE成長計画、その他ソーシャルメディアのトレンドニュース特集をお届けします。

闘牛士:タイの Hippo Energy Drink はいかにして大手競合に挑むか

Hippo Energy Drink は、健康、天然成分、低糖を組み合わせることで、東南アジアでの 最初の成功を築き上げ、このカテゴリーにおける大手ブランドの競合に挑むことができると考えている。

ここ何年もの間、エナジードリンク市場は、地域的にも世界的にも、Red BullやMonsterといった大手ブランドがほとんどを占めている。

近年、食品・飲料業界における健康志向の高まりにより、市場関係者は、糖分やカフェインの含有量が多いものと区別するために、より健康的で体に良い栄養ドリンクに注目するようになっている。

脚光を浴びる:2024年の食品業界の成長で注目すべき3つの新興カテゴリー

アジア太平洋地域の食品・飲料がパンデミック、地政学的不安定、インフレ圧力の影から着実に脱却していく中、2024年にはこれら3つの新興カテゴリーが本領を発揮するとみています。

2024年の変化要素:今年のAPAC食品業界を形作る5つのトップトレンド

2024年のAPAC食品・飲料業界を形成しそうな5つのトップトレンド、新たに出現した「プレミアム・アフォーダビリティ」から、植物性タンパク質の進化、RTD飲料の台頭などを詳しく見てみましょう。

クールムーブ:植物性ミルクブランドOATSIDEがアイスクリームに進出し、アジア地域の成長を促進

シンガポールに拠点を置くOATSIDEは、アジアでのオートミルク製品の人気の高まりを受けて、成長戦略の一環としてアイスクリームのラインナップを拡大した。

OATSIDEのコマーシャル ディレクターであるGabriel Melo氏は、アイスクリームへの進出は「自然な流れ」であったと語る。

「私たちは、植物由来の製品にこだわらない人たちにもおいしい選択肢を提供できると信じています」チョコレート、ミニチョコチップス入りコーヒー、ピーナッツバタークッキードウの3種類のアイスクリームは、ベースとしてオートミルクを使っています。」

食品イノベーションはすべてハイテクでなければならないのか?代替タンパク質を超えた、より「即効性のある」変化が必要 - 専門家パネル

業界の専門家によれば、食品・飲料セクターは、持続可能性とサプライチェーン全体の課題に対処するために、新規のタンパク質供給を生み出すだけでなく、より「即時的」な変化に焦点を当てる必要がある。

これは、昨年11月にシンガポールで開催されたアAsia-Pacific Agri-Food Innovation サミットに招集された専門家パネルの結論である。

特に、アグリフードテックに特化したアクセラレーターであるGROWのCEOであるJoshua Soo氏は、食料と農業のイノベーションに関しては、東南アジアには多くの未開発の市場があるが、代替タンパク質のようなハイテクソリューションのみに焦点を当てる傾向があると指摘した。

Related topics Japan

Follow us

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast