ジャパン フォーカス:味の素と明治の食品ロス削減への取り組み、キッコーマンのデータ化されたフレーバーペアリングシステム、日本初の模倣品防止施設など

By Hui Ling Dang

- Last updated on GMT

©Getty Images
©Getty Images

Related tags Japan

今回の「Japan Focus」では、味の素と明治の食品ロス削減への取り組み、キッコーマンのインド市場開拓に向けたデータ活用型フレーバーペアリングシステム、日本初の模倣品対策施設などを特集しています。

Growth Asia サミット2024:早期割引適用まであと1ヶ月

2024年に開催されるGrowth Asia Summitの日程が7月に、PepsiCo、Danone、BYHEALTH、Mondelez、GNCなどの専門家の洞察をアジェンダに盛り込み開催されます。

サミット​は再びシンガポールの象徴的なマリーナ・ベイ・サンズで7月16日から18日まで開催されます。今、ご登録いただくと​、20%割引の特別早期割引料金が適用されます。

食物アレルギーの恐怖:新たな調査により、APACの多くの国でデータ、研究、管理が不十分であることが明らかに

アジア太平洋地域には、信頼できる有病率データ、アレルギー専門医、アドレナリン自己 注射器の欠如など、食物アレルギーに関連する膨大な未対応の課題が存在し、研究者らは、食品安全事故に対するより良い備えが緊急に必要であると訴えている。

APACアレルギー喘息臨床免疫学会(APAAACI)が開始した横断的調査は、アジア太平洋地域の医療従事者における食物アレルギーの現在の疾病負荷、資源利用性、管理方法を評価することを目的としたものである。

この調査は、オーストラリア、バングラデシュ、中国、香港特別行政区、インドネシア、日本、韓国、マレーシア、モンゴル、フィリピン、シンガポール、スリランカ、台湾、タイ、ベトナムから回答を得た。

需要と供給:食品ロス削減のため、在庫管理に注力する日本ブランドの味の素と明治

日本の大手ブランドである味の素と明治は、食品ロス削減自主宣言へのコミットメントの一環として、効率的な在庫管理がサプライチェーン全体の食品ロス削減の鍵となることを強調している。

この宣言は、日本の消費者庁(CAA)が主導している。昨年11月の時点で、CAAは100社以上の国内企業から、業務における食品ロスおよび食品廃棄物の削減の確約を得た。

その中には、新しい賞味期限表示と在庫管理の活用を選択した乳製品大手の明治や、業務における食品ロスを50%削減することを確約したアミノ酸専門企業の味の素も含まれている。

暗号を解読:キッコーマン、インド市場向け製品をローカライズするため、データに裏打ちされたフレーバーペアリングシステムを開発

日本のキッコーマンは、商品開発を加速させ、インド市場にさらに浸透させるため、研究とデータを駆使して、同社の醤油と最も相性の良いインドの食材を特定している。

キッコーマンはKIP(Kikkoman Ingredients x Seasoning Pairing)と呼ばれるシステムを考案し、同社の看板商品である醤油とインドの食材​や調味料との味の相性を「科学的に 評価」している。

KIPシステムにより、キッコーマンは当て推量や勘ではなく、データに基づいて市場に合わせた新製品を開発できるようになる。

模倣品対策:日本、タイに初の模倣食品「輸出」摘発のための枠組みを設置

日本産を名乗る食品・農産物の増加に対抗するため、日本はタイに模倣品疑義情報相談窓口を設置した。

この相談窓口は、日本の農林水産省(MAFF)が初めて設置したもので、輸出・国際局知的財産課が責任者となっている。

これは、海外市場に出回る農水産物・食品の模倣品対策として、各省庁が連携して立ち上げる予定の新たな枠組みの第一歩となる。

Related topics Japan