ブランニュー: Nestle、Lotte、Coca-Colaなど

By Hui Ling Dang

- Last updated on GMT

©Getty Images
©Getty Images

Related tags Japan

今回の「Brand New」では、Nestle、Lotte、Coca-Colaなどのビッグネームを取り上げています。

「歴史的な」挑戦:Nestleは栄養戦略がアジア太平洋地域のインフレと為替摩擦後の回復を促進することを期待

Nestleは、「歴史的な」インフレと外国為替問題により多くのAPAC市場で売上が減少したが、新しい栄養表示とマーケティング戦略が売上回復に大きく貢献することを期待している。

同社は最近、2023年度の9カ月間の販売実績を発表した。これは、2023年度第3四半期の決算資料として発行されたものではないため、第2四半期時点でプラスとなっている収益または利益に関する情報は含まれていない。

これは売上高と、「売上高の増減に対する影響」 と定義される代替指標である 同社が好んで使う「実質内部成長 (RIG) 」の測定に焦点を当てたものである。

より広くアピール: Lotte Thailandは、高齢者向けと宗教団体向けのビスケットのイノベーションに狙いを定める

大手スナック菓子メーカーのLotte Thailandは、高齢者をターゲットにした商品を開発し、ハラルやベジタリアン向けの商品を増やしてあらゆる宗教に対応することで、子供以外にもブランドの魅力を高めたいと考えている。

Lotte は韓国の多国籍企業で、東南アジア地域の主要本社はタイにあり、主にビスケット・スナック「コアラのマーチ」やキシリトール・チューインガムなどの菓子類に力を入れている。

本物以上:中国の消費者は飲み物だけでなく、感情と文化を求めている - Coca-Cola

製品革新、技術、データだけでは中国の飲料セクターで躍進するにはもはや十分ではなく、消費者は飲料とともに「感情や文化」を求めるようになってきている、とCoca-Colaは語る。

同社は、トレードマークであるソフトドリンクをはじめ、コーヒー、紅茶、スパークリングウォーター、ジュース、乳製品、アルコールなど、中国で5つの主要飲料カテゴリーに手を広げている。

このような膨大な製品ポートフォリオを持つ同社は、技術革新や新しい飲み物の選択肢を生み出す背後にある科学を知らないわけではない。

しかし、同社は現在、中国の飲料部門の最前線であり続けるためには、研究開発の枠を超え、消費者の琴線に触れる必要があると考えている。

Fonterra社、好調なプロテインとチーズの利益率を背景に過去最高の16 NZドルの利益を計上

ニュージーランド協同組合は、24年度には消費者向けおよび外食向けチャネル全体のマージンが改善すると予想し、2024年初頭から粉ミルクの需要が回復し始める兆候があると述べた。

フォンテラ社の平準化当期利益は13億NZドルで、前年同期に比べ7億3800万NZドル増加した。チリにおける事業のSoprole (2億6000万 NZドルの利益) と中国JV、China Farmsの売却を完了し、税引き後利益は9億9400万 NZドル増の16億 NZドルとなった。

特にプロテインとチーズを中心とした原料部門のマージンが好調であったこと、外食・消費者向けチャネルの業績が改善したことなどが業績を牽引し、過去12ヶ月間の資本利益率は12.4%(6.8%増)となった。

しかしながら、同協同組合はアジア ブランドとフォンテラ ブランド NZの長期見通しを調整し、その結果、通期でそれぞれ1億100万NZドルと1億2,100万NZドルの減損損失を計上した。

プロモーションとフォーミュレーション: BlackmoresKirinの主力原料を使い中国とインドネシアでの認知度アップを狙う

Blackmores社は、中国とインドネシアでのブランド認知度を高めるために広告宣伝を強化する一方、同社を買収した大手企業、キリンの原料を使用した新製品を開発する予定だ。

Blackmoresは、23年度に純利益が37%増加が、国際市場の逆風と原材料費の高騰が粗利益率を押し下げたことを明らかにした。

同社の Alastair Symington CEOは、9月末に開催された親会社キリンのヘルスサイエンスデーでこの結果を発表した。

Related topics Japan

Follow us

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast