トレンド トラッカー:APACスナッキングトレンド、中国消費トレンド、健康的な食生活への移行

By Hui Ling Dang

- Last updated on GMT

 ©Getty Images
©Getty Images

Related tags Japan

今回「Trend Tracker」では、APACのスナッキングトレンド、中国の消費トレンド、より健康的な食生活への移行など、様々なトレンドを紹介します。

香ばしさ、スパイシーさ、親しみやすさ:MondelezHunter FoodsMiaow Miaow などがAPACの主要スナッキングトレンドを分析

APACのスナッキングカテゴリーでは大手業界関係者によると、香ばしくスパイシーなフレーバーが優勢で、馴染みのある製品を好む消費者が増えている。

スナック業界は、COVID-19パンデミックによるロックダウン実施中やその後も真に繁栄した数少ない業界の1つであり、インフレや物価上昇に対する消費者の懸念に直面しても、生き残りと繁栄を両立させてきている。

購買パターン:2022年、中国の消費支出をリードするパッケージ食品

即席麺とプレミアム製品は、2022年を通して中国のパッケージ食品部門の力強い成長を牽引したが、大幅なインフレによる価格上昇により、2023年もこのような継続的な成長は望めそうにないと、現地の新しい報告書は述べている。

Kantar WorldpanelとBain&Companyが共同で作成したChina Shopper Report 2023では、2022年は中国の包装食品業界にとって大きな成長の年であり、年間を通して6.3%という高い成長率を示し、過去4年間で最も高い伸びを示したと強調している。

楽な方法を取る:アジアの消費者がより健康的な食生活に移行するには、最小限の感覚的変化が重要

韓国のPlantEat社は、消費者の健康的な食生活への移行を促進するためには、イノベーションは最小限の感覚的変化をもたらすものでなければならず、製品は「可能な限り馴染みのあるもの」であり続けるべきだと考えている。

PlantEat社は、自社を植物性製品会社としてブランド化しているが、肉や乳製品といった従来の動物性食品には焦点を当てず、その代わりにソース、ベーカリー、麺類といった「とっつきやすい」製品カテゴリーでイノベーションを起こすことを選んでいる。

Mylkmilkか?APACの植物性乳製品セクターは、消費者の間に関する「混乱はない」と見る

APACの植物性乳製品業界は、他の市場では論争が起きているにもかかわらず、この地域では植物性製品の表示における乳製品用語の使用をめぐる論争は起こりそうにないと考えている。

植物由来の製品表示は、特に植物由来のミルクや乳製品をめぐって、ここ数年、米国や欧州などの市場の食品・飲料セクターで大きな論争の種となってきた。

ギャラリー:20237月に最も読まれたAPAC食品・飲料業界の記事トップ10

味の素の新しいうま味研究、Diageoのプレミアム化に関する洞察、Nestle Chinaの乳製品に関する課題など、2023年7月に最も読まれた食品・飲料関連記事トップ10をご紹介します。

Related topics Japan

Follow us

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast