トレンド トラッカー:植物性シーフード、コンビニエンス・フォーマットの革新、パッケージの小型化などを特集します。

By Gary Scattergood contact

- Last updated on GMT

トレンド トラッカー:植物性シーフード、コンビニエンス・フォーマットの革新、パッケージの小型化などを特集します。

Related tags: Japan, Food

ローカライズとカスタマイズ:OmniFoodsのチーフが語る世界の植物性シーフードの可能性

ローカライゼーションとカスタマイズは、OmniFoodsの植物性シーフード製品の市場シェアを拡大するための2つの重要な戦略である。最近発売されたものとしては、OmniSeafoodという植物由来のシーフードシリーズがあり、アジアで初めてシーフードの類似品シリーズを作り、発売したブランドと言われている。

西洋料理にはパン粉をつけたゴールデンフィッシュフィレ、アジア料理にはクラシックフィッシュフィレなど、製品を幅広く提供し、ローカライズとカスタマイズに力を入れている。

 

伝統の中の革新:シンガポール燕の巣企業、ミレニアル世代とZ世代を取り込むために小袋の形態を導入

The Asia Bird’s Nest Corporationは、アジアの伝統的な健康食品を若い消費者に適したものにするため、新しい形態と製造技術を試みている。同社は、燕の巣エキス、6年根の紅参、アロニアベリーを配合した、RTDライフスタイル・スーパーフード「Wellnest」を発売している。

同社は、消費者への利便性と魅力を高めるために、燕の巣を10mlのアルミサシェットに詰め、一箱、30個入りとなっている。燕の巣製品は、壊れやすくかさばるか使い切りのガラス瓶で売られ、家庭で2回煮沸しなければならないというのが普通である。

 

サイズダウンで大成功:Ulu Hye、乳製品不使用のミルクベースの瓶のサイズを変更し、小売店での販売を強化中

世界初の乳製品不使用のミルク (Mylk) ベースメーカーであるUlu Hyeは、大手スーパーへの参入と海外市場への進出に備え、製品の小型バージョンを発売した。

同社は、大手スーパーマーケットへの進出や輸出を視野に入れており、そのために、小売店やスーパーマーケットに適した小型のフォーマットとして、合計3Lのミルクを作ることができる「Mini Mylk Bases」を新たに発売した。

 

二重のチャンス:手頃な価格とプレミアム化の両方がAPACにおける植物ベースの可能性をもたらす理由​ 

植物ベースセクターは現在、主流としての持続的な成功を達成する転換点にあると考えているアジアの専門家は、価格帯の両端でイノベーションを起こせば、成長著しい植物ベースセクターを活性化できると述べている。

今回のFNA Deep Dive長編シリーズでは、APACの植物ベースセクターにおける現在進行形の最新情報と、地元の食品・飲料企業が大小問わずどのように植物ベース製品を革新し、APAC社会の様々なセグメントに対応しているかに焦点を当てる。

 

ウクライナ・ロシア紛争:インドと中国の食品会社は植物油の代替供給を求めるべき - アナリスト

業界アナリストは、インドと中国の食品会社は、両国がウクライナとロシアの紛争により深刻な植物油の不足と価格上昇に直面しているため、代替または追加供給源を探すべきであると唱えている。

現時点では、植物油を使用している食品会社が製品製造を継続するために可能な解決策は3つしかない。代替原料を探す、製品を改良する、供給ショックの影響に対抗するために同じ価格で少量販売する、である。

Related topics: Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast