束縛無し:日本は、肉、乳製品、卵、魚介類の代替品について表示ルールを定める

By Guan Yu Lim contact

- Last updated on GMT

束縛無し:日本は、肉、乳製品、卵、魚介類の代替品について表示ルールを定める

Related tags: Japan

日本では、植物由来の製品の表示に関する規制が設けられているが、この規制は業界フレンドリーであり、ブランドにとって問題となることはないとみられている。

レストランが新しいメニューを試す、日本ハムや伊藤ハムなどの大手食肉製品メーカーが植物性食品を発売する、NEXT Meatsのような専門メーカーが何社も参入するなど、近年では日本の植物性食品業界は大きく成長している。

しかし、政府はこれまでの植物由来の産業の発展に満足していないようで、植物由来の産業が成長することを期待して、プラントベース食品産業を管理する新しい表示ルールを導入した。

日本の与党である自民党の河野太郎行革担当大臣(当時)は、8月20日の記者会見で「日本ではこれまでプラントベース食品の食品表示について議論されてこなかったことが、企業のビジネス展開の足かせになっていた」と発表した。

「プラントベース食品の市場は、2029年には売上高が約1,400億米ドルに達すると予想されており、日本はその足かせを外す必要があります。」

「このために、関連するすべての企業向けにプラントベース食品の表示規則に関するQ&A文書を作成しました。」

この文書は、プラントベースの肉、乳製品、卵、魚介類の代替製品を対象としており、プラントベース食品のラベルでは、その製品が動物由来ではないことを明確にする限り、「大豆ミート」や「オーツミルク」などの用語の使用が認められている。

「表示は、使用されている表現や用語が誤解を招くものでなければ問題ありません。したがって、大豆から製造された製品については、 「大豆」 と 「肉」 が一緒に書かれていても問題ありません。」と河野氏は述べた。

「100%植物由来といった免責事項も使用すべきですが、これを使用する際には、食品添加物を含めて、使用しているすべての原材料が植物由来であることを確認する必要があります。」

その他の許容できる免責条項としては、「大豆を使用しています」、「肉を使用していません」、「牛乳・乳飲料ではありません」、「乳製品ではありません」、「魚を使用していません」などがある。

ほとんどのメーカーは、すでにこの規制に基づいたラベルを使用しているようだ。

日本でも有数のプラントベース食品専門の開発メーカーであるNEXT Meatsは、牛丼から焼肉まで、数多くの植物性商品を発売しており、12月にはマグロの発売を予定している。すでにすべての商品パッケージには、NEXTの商品名とともに、「100%植物性」の免責事項が記載されている。

日本ハムも、植物性の「ナチュミート」には「大豆を使用しています」という免責事項があり、キユーピーの卵不使用のマヨネーズ「エッグケア」には「卵を使用していません」という免責事項が記されている。

Related topics: Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast