困難な状況:日本市場への参入を目指すハラール食品・飲料ブランドのための最高のヒント

By Guan Yu Lim contact

- Last updated on GMT

困難な状況:日本市場への参入を目指すハラール食品・飲料ブランドのための最高のヒント

Related tags: Japan

日本市場に参入しようとしているハラール食品・飲料ブランドは、独自のセールスポイントとしての「ハラール」だけでなく、橋渡しとなるブランディングや価格にも注意を払うよう求められている。

これは、日本の市場に参入しようとしている外国のハラールブランドとの仕事を専門としており、適応しようとしない多くのハラールブランドの興亡を目にしてきた、日本のムスリムおもてなしセンターのCEO、中川圭吾氏のアドバイスだった。

「外国のブランド、特に文化や伝統が全く異なる国のブランドにとって、日本への進出は非常に難しいかもしれません。日本ではムスリムのコミュニティが小さいため、ハラールブランドはもっと難しいかもしれません」と最近開催されたReimagine: Halal in Asia会議で、日本での内在化の機会について意見を交わした際、中川氏はこう述べた。

「2020年の日本のムスリム駐在員コミュニティの規模はわずか230人なので、この層を最優先すべきではないと思います。しかし、これに加えて、国内のムスリム市場もまた、常に小さく、コロナウイルスが観光業に影響を与えている今、劇的に減少しており、この市場で投資をすることはさらに困難です。」

中川氏は、ハラールブランドが日本市場に参入する際には、柔軟性を持ち、より地域に密着したアプローチをとることがますます重要になってくると強調した。

その中でも特に重要なのは、「ハラール」という言葉を現地市場においてメインセールスポイントとするだけではなく、それ以上のことにも目を向けようとする姿勢である。

「日本のムスリムコミュニティ以外の消費者層をカバーしたいのであれば、ハラールを強調しない方が良いというのが私のアドバイスです。

ブランドの場合は、ハラール以外の独自のセールスポイントを見つけるために、もっと広範囲にリサーチする必要があるでしょう。母国では重要で通用することと、日本で通用することは全く逆になるかもしれません。」

「日本でセールスポイントとして成功していることを研究、発展させ、これを利用して独自のセールスポイントを作成する – 例えば、最近日本では菜食主義者と菜食主義者がより主流になっており、グルテンフリーは特に女性市場でより良い選択肢と考えられている等です。」

さらに彼は、橋渡しブランディング(この場合はブランドの英語やインドネシア語から日本語への翻訳)が不十分であることが、日本の消費者を興ざめさせる要因の一つであることを強調し、日本の人々のポジティブな注目を集めるためには、より多くの努力が必要であると述べた。

「特に日本の大多数の消費者は、一般的に英語の文言を読まないため、橋渡しブランディングを適切に構築することも非常に重要です」と中川氏は述べている。

「もちろん、これが意味するのは、直訳、特に下手な直訳は、ブランドと製品に対する消費者の印象に悪影響を与える可能性があるということです。」

トレンドの終わり

中川氏によると、数年前までは日本でもハラールの概念はホットなトレンドと考えられており、それが多くのハラール施設の関心を集めたのかもしれないが、実際にはそのトレンドは一巡したと強調した。

「一時期、ハラールは本当にトレンドであり、日本の非ムスリム、特にビジネス業界では、ハラールに沿うことはユニークで素晴らしいことだと考えられていました。

数年ほど主流のメディアでも紹介されていましたが、人々が直接かかわることはできず、今ではその傾向は終わりました。」

「アジア最大の小売業者であるイオンも、2016 年にマレーシアからハラール製品を導入しようと試み、ミニスーパー「マイバスケット」の 100 店舗で試験的に販売しましたが、これらの製品は定着せず、最終的には販売を中止してしまいました。

しかし、興味深いことに、同時期にオーガニック商品も試験的に店舗に導入され、主流商品として成功を収めました。」

Related topics: Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast