儀式的な体験:ギリシャのハーブティー会社、アナッサ・オーガニックスが根強いギフト文化を持つ日本に進出

By Guan Yu Lim contact

- Last updated on GMT

儀式的な体験:ギリシャのハーブティー会社、アナッサ・オーガニックスが根強いギフト文化を持つ日本に進出

Related tags: Japan

ギリシャのプレミアムハーブティー会社 アナッサ・オーガニクスは、(株)金沢大地と独占販売契約を結び、今年12月に日本での小売販売を開始する。

現在、18の市場に輸出しているアナッサ社は、今夏初めにロシアに進出、10月にはオーストラリアに、次は日本に焦点を当てている。

2013年にアテネで設立され、事業の約4割が国内、6割が輸出となっている。アナッサは、ギリシャ全土のさまざまな地域からオーガニックハーブや全葉を仕入れ、アテネの施設で包装している。

日本では、金沢大地のオンラインショップ、百貨店、スーパーでハーブティー(缶、小袋入り)を販売する。

金沢大地のMotomu Sugano常務は、日本の根強いギフト文化を活用するため百貨店をターゲットにしているとFoodNavigator-Asia​誌に語った。

金沢大地は有機農場で、米、野菜、ソース、飲料、小麦粉など約150品目を自社で製造・販売している。アナッサは初の輸入品となる。

プレミアム、オーガニック、エクスペリエンス

Sugano氏は、日本のハーブティー市場はコーヒーや紅茶ほど大きくはないが、プレミアムでオーガニックな商品とユニークなパッケージが日本の消費者を惹きつけることを期待していると語った。

「日本では、コーヒーは最大のホットドリンクです。しかし、今、ユニークで健康的なオーガニック製品に興味を持つ人が増えています。ノンカフェインの代替品として、アナッサのハーブティーは消費者にリラックス効果をもたらします。また、贈り物にも最適です。」

アナッサのブレンドに使われているハーブには、キャロブ、ミント、レモンバーム、セージ、カモミール、フェンネルなどがある。

アナッサ・オーガニックス社の輸出責任者Chrisoula Sotiriou氏は、同社のハーブティーのコンセプトが日本の文化や精神性とうまく調和することを期待している。

「ハーブティーの消費量は世界的に増加しており、国によって異なりますが、ハーブティーの消費量は年間15から25%増加しています。」

「黒茶、紅茶、緑茶は誰でも知っていますが、ハーブティーはこれらのお茶の代わりです。カフェインフリーで、何か違うものを試してみたい人にとっての代替品です。」

Sotiriou氏は、アナッサが日本でハーブティーを販売している唯一のブランドではないことを承知しているが、製品コンセプトと特許を取得したパッケージを活用して消費者を惹きつけたいと考えている。

金沢大地は今年の12月に、10種類の紙ボックスタイプ(各10袋入り)と9種類の缶タイプを(15 g₋60 g)を販売する。

アジアでは、アナッサは2016年に韓国、2017年にシンガポール、2019年に香港に進出しているが、Sotiriou氏によると、韓国は最も業績の良い市場であり、売上高は前年比5%増加となっている。

Related topics: Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast