ローカルフード:ネクストミーツは、焼肉と牛丼製品で日本の植物ベースのトレンドに飛び乗る

By Guan Yu Lim contact

- Last updated on GMT

ローカルフード:ネクストミーツは、焼肉と牛丼製品で日本の植物ベースのトレンドに飛び乗る

Related tags: Japan

スタートアップ、ネクストミーツは焼肉と牛丼製品に、国内で成長している植物ベースの食品トレンドを活用している。

同社は、世界的な食糧危機の解決策として、植物性肉製品の開発・販売を目的に今年6月に設立された。

PR・マーケティング担当のYuya Makino氏は、「私たちの使命は、フェイクミートで世界の未来を切り拓くことです。そうすることで、肉の生産量を減らし、少しずつ環境を救ってゆきたいと願っています」と語っている。

植物性食品は欧米からの輸入が多く、日本の市場はまだ比較的小さい。

日本ハム、大塚食品、伊藤ハム食品、マルコメなどが参入している。

Makino氏はFoodNavigator-Asi​a誌に、植物ベースのトレンドは今年、さらに弾みがついたようだと語った。

これは、コロナウイルス感染拡大をきっかけに、より安全で健康的な代替品を求める消費者によって牽引された可能性がある。

ユーロモニター・インターナショナルは、アジア太平洋地域の食肉代替品市場は2019年に前年比4.75%増の153億米ドルに達したと報告している

しかし、感染拡大がその成長を加速させ、2020年の市場は11.6%増の171億米ドルに拡大すると予測している。

「今年に入って、テレビやニュース記事での露出が増えてきたこと、スーパーが植物性肉の販売を始めたこと、植物性肉の飲食店が増え始めたこと、既存の飲食店がメニューに植物性肉を取り入れ始めたことなどが挙げられます」とMakino氏。

「日本では植物性肉のメーカーはあまり多くありません。スタートアップが何社かと大手食品会社が市場に参入し始めているが、皆、この業界に足を踏み入れたばかりです。」

世界初

ネクストミートにとって、代替肉はソーセージやパテなどの洋食ではなく、焼肉や牛丼などのローカルフードの代替品として位置づけている。

「植物性の焼肉や牛丼を販売している会社は世界にはないので、当社が最初の販売者となります。また、焼肉や牛丼は日本では非常に人気がある、普通の食べ物です。」

同社の植物性製品は、大豆やグリーンピースを使用している。

Makino氏によると、調合の際に一番苦労したのは食感だという。「食感や味には非常にこだわっています。大抵、100回以上のテストを経て、仕上げています。」

「弊社のほとんどの製品は、成分が二度圧縮されているため、食感が肉本来のものとなっています。」

同社では、常に配合の改良に向けた製品開発を行っており、9月末には改良型の牛丼1.2を発売した。

その他、8月に発売した「焼肉カルビ1.0」、「焼肉ハラミ1.0」がある。

また、クラウドファンディング「Makuake」に「Burger 1.2」でハンバーガー分野にも進出している。

資金は同社の商品開発に充てられるという。バーガー1.2は約127万円を調達し、目標の30万円を超えた。

現在は、同社サイトのほか、Amazonや楽天でも商品を販売している。将来的には外食産業への進出も計画している。

Makino氏によると、同社の植物性肉製品は生産量が少ないため、現在、一般的な食肉製品と比較して2~3割ほど価格が高くなっているという。

「将来的には、技術や原料のコストを下げることで、価格を下げ、通常の食肉製品と同等の価格にしたいと思っています。」

また、新製品開発にも力を入れており、8人のチームは、需要があれば、将来的には中国とヨーロッパにも進出したいと考えている。

ネクストミーツの製造拠点は愛知県と岩手県にある。

 

数々の有名ブランドや世界で活躍する専門家の専門的洞察をフィーチャーしたインタラクティブ・ブロードキャスト・シリーズ、Growth Asia 2020でプラント ベースイノベーションにスポットライトを当てます。登録は無料。

Related topics: Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast