栄養スコア:味の素は、より健康的な製品開発を支援するためのシステムを使用

By Guan Yu Lim contact

- Last updated on GMT

栄養スコア:味の素は、より健康的な製品開発を支援するためのシステムを使用

Related tags: Japan

調味料大手 味の素は製品の栄養価を評価し、将来の製品開発をサポートするための新しい栄養評価システムを開発した。

同社は、日本で初めて栄養素プロファイリングシステム(NPS)を導入した食品系企業、調味料、即席麺、粉末スープ、冷凍食品、飲料などの500の製品を改定する予定である。

最初の改良製品は、2022年度以降、日本、タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピン、マレーシア、ブラジルで発売される予定。

NPSプロジェクトリーダーである大山カナ博士は、同社は3年間このプログラムに取り組んできたとFood Navigators-Asia​誌に語った。

栄養学

NPSは、特定のアルゴリズムを使用して食品の栄養価をスコアとして使用する。

それは、同じカテゴリーの複数の製品の栄養価を、改定の前後を含めて比較できることを意味する。

これにより、栄養の質をわかりやすく表現することが容易になる。

ネスレなどのグローバルな食品会社は、2004年から独自のNPSを導入してきた。ネスレでは、健康作り支援に重要なエネルギー、ナトリウム、添加糖類、果糖、トランス脂肪酸、飽和脂肪酸などの特定の栄養因子を確立している。

味の素のNPSは、エネルギー、ナトリウム、添加糖類、飽和脂肪、タンパク質、食物繊維を評価する。これはおおまかには、オーストラリアのHealth Star Rating Systemのスコアリング方法に準拠しており、製品の健康度が高いほどスコアが高くなる。

次に、製品はプロファイリングを受けて、どの栄養素が過剰に消費されてはならないか、過小評価された栄養素や食品グループなどの栄養問題を理解する。

この理解に基づいて、製品はよりヘルシーになるように例えば、塩分レベルを下げたり、タンパク質含有量を増やしたりして改定され、スコアはパッケージに表示される。

国際健康課題

味の素によれば、NPSの実施は、加齢に伴う機能低下などの世界的な健康問題に対処するために、より健康的な製品の開発と提供を目指すための栄養改善活動の一部である。

同社は、世界は今、次の2つの栄養問題に直面していると言っている:過剰な栄養素の摂取によって引き起こされる過体重または肥満、およびタンパク質、食物繊維、他の栄養素の欠乏によって引き起こされる栄養失調。

「しかし、必須栄養素の知識に基づいて、毎日バランスの取れた食事をとることは消費者にとって困難である。栄養状態を改善するための政府や企業の努力に対する国民の関心が高まっている」としている。

NPSが同社製品の栄養価を評価する共通基準を提供できることを期待している。

2020年3月31日に終了した会計年度の売上高は、前年同期比1.3%減の一兆一千億円だった。医薬品、食品用アミノ酸、医薬品の売上が増加したが、動物用栄養剤の売上が減少したためである。

利益も390億円から289億円に減少した。

医薬品、家庭用調味料、加工食品などの一部アミノ酸の需要が増加したが、COVID-19の拡大により、外食・産業向けの需要は減少した。

Related topics: Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast