ドリンク縮小:コカ・コーラは、日本の人口動態の変化に対応するために小容量サイズを展開

By Guan Yu Lim contact

- Last updated on GMT

ドリンク縮小:コカ・コーラは、日本の人口動態の変化に対応するために小容量サイズを展開

Related tags: Japan

飲料大手のコカ・コーラ ジャパンは、象徴的ドリンク用に350 mLと700 mLの2つの新しいPETパッケージサイズを導入。

新PETパッケージは、東京、神奈川、千葉、埼玉のスーパーマーケット、ドラッグストア、ディスカウントストアで販売されているコカ・コーラにのみ適用される。

同社の日本PR部門によると、コカ・コーラの既存のコアパッケージサイズは500mL PETと1.5L PETで、PETのほかに、ガラス(190mL)、アルミボトル(280mL)、缶(350mL、500mL)と様々なパッケージがあり、新しく発売された2つのパッケージは、変化する消費者動向に対応するためのものであると述べている。

家庭内消費を促進する少人数の家族

日本は、出生率の低下と人口の高齢化に伴う人口動態の変化に直面しており、これにより、1世帯あたり2〜3人で構成される小規模の家庭数が増加している。

以前は多勢で大型パッケージを共有していた発泡性飲料の消費方法が変わった。現在では、小グループで少量の飲料を共有することがますます一般的になってきている。

コカ・コーラ ジャパンは、消費者も自宅で発泡性飲料を飲むようになったと述べ、2つの新しいパッケージサイズにより、この市場を獲得したいと考えている。

同社によれば、包装サイズは発泡性飲料にとって重要である。

「発泡性飲料はキンキンに冷やすと、刺激的な炭酸と味が十分に楽しめるようになります。」

したがって、包装の種類とサイズは、どんな時に飲むか、何人で飲むかに合わせて最適化する必要がある。

同社は、コンビニエンスストアや自動販売機ですぐに消費する消費者向けに既存の500 mL PETパッケージを、350 mLおよび700 mL PETパッケージは、スーパーマーケット、ドラッグストア、またはディスカウントストアから購入して家飲みをする消費者向けに提案している。

コカ・コーラ ジャパンによると、新しいサイズは、消費者が持ち帰る理想的なサイズとなっている。

「家庭でコカ・コーラの素晴らしい味を最大限に楽しむために、350 ml PETボトルは個人向け、700 mL PETボトルは家族や友人と一緒に飲めます。」

700 mLのPETボトルは、1.5 Lサイズが多すぎる小さな家庭向けに便利なサイズになっている。

新パッケージはすべてリサイクル可能で、東京と三県の約8,500の店舗で入手できる。 コカ・コーラによると、これらの都県は、小規模家庭がより集中しているために選択されたとの事。

Related topics: Japan

Follow us

Featured Events

View more

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast