本物の植物を: 日本の消費者は「本物の野菜」のために植物性の肉を避ける

By Guan Yu Lim contact

- Last updated on GMT

本物の植物を: 日本の消費者は「本物の野菜」のために植物性の肉を避ける

Related tags: Japan

日本の消費者は、国内の肉と魚の消費率が低下したとしても、植物ベースの肉への移行に消極的であり、代わりに「本物の」野菜を選んでいる。

消費者動向調査会社FMCG Gurusの調査によると、日本の消費者のわずか20%が肉の摂取量を積極的に減らそうとして代替肉を食べることを選んだのに対し、残りはほとんどこれを避けることを選択している。

FMCG Gurusの研究および洞察責任者であるMike HughesはFoodNavigator-Asia​誌に、「多くの場合、消費者は肉の代替品ではなく、肉製品を完全に避けることを選択します」と語った。

「ビーガン、ベジタリアン、フレキシタリアンダイエットへの移行は肉代替品の発展によるものではないことを覚えておくことは重要です。一部の消費者は、特に味と健康(そして手頃な価格)に関してこのような製品に懸念を持っています。 」

調査したすべての消費者のうち、なんと40%が代替肉は摂食後に「満腹感」をもたらさないと答え、33%は「代替肉より野菜を食べることを好んだ」と述べ、27%は代替肉製品は「味がない」と感じていた。

これらの代替品に関する健康と経済的懸念がますます注目されており、Hughes氏は、これらが日本で広く受け入れられるためには、まず 「妥協のない」 ものとして見られるべきだと付け加えた。

「これは、消費者が製品をおいしそうで健康的だと感じられることを確かにすることを意味しています。植物性食品の健康感は糖分のせいで誤解を招くと消費者が感じることがあるので、[健康]は特に重要です」

植物性肉の塩分含量​も研究者によって精査され批判されている - George Institute of Global Healthが2019年に実施した研究によると、オーストラリアの肉なしベーコン製品には100gあたり平均2gの塩分が含まれており、世界保健機関(WHO)の人口目標値である5g/日の40%を占めていた。

「値頃感については、この時点での大きな問題です。消費者が肉を減らす主な理由は、すでにコストだからです」と付け加えた。

「[つまり、植物による代替品を受け入れてもらいたければ、]より値頃感のあるオプションの一つと見なされる必要があります。」

減少する魚の消費

現在、代替肉を生産している日本企業は多くはないが、市場に出回っているものは主にハム、ソーセージ、バーガーパティ​などの製品である。こうした企業には、日本ハム、丸大食品、大塚食品といった伝統的な食肉や加工食品の企業がある。

植物由来の魚肉ははるかに珍しいが、日本では過去10年間、魚の消費率も減少している​。

2019年に行われた別のFMCG Gurusの調査では、持続可能性がその主な理由であり、69%の消費者が海洋生物の絶滅を危惧し、30%がより持続可能な生活を送るために過去二年間で食生活を変えたことが明らかになった。

「これは、消費者が漁業を取り巻く倫理に疑問を抱き、食生活を変えようとするため、魚の一人当たり消費量が急速ではなくゆっくりと低下し続けるという現実を意味します。」

日本の食品卸売業者である西本Wismettacホールディングス株式会社は、2018年にオーシャンハガーフーズが開発した、トマトから作られた「生」 で食べられる世界初の植物ベースのマグロ​を発売している。

その希少性にもかかわらず、生の魚、特に寿司や刺身が長年の主食となっている日本では、植物を原料とした魚肉の開発が全く注目されていないわけではないことを示している。

Related topics: Japan

Follow us

Featured Events

View more

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast