「意識改革」:アサヒはビール販売を強化、販売数量非公表化に

By Guan Yu Lim contact

- Last updated on GMT

「意識改革」:アサヒはビール販売を強化、販売数量非公表化に

Related tags: Japan

アサヒビールは今期のビール事業に注力している。日本のビール市場全体が2%減少すると予測される中、2019年の売上高6,666億円を再現しようとしている。

アサヒグループホールディングスの広報担当マネージャーであるKristin Chiu氏によると、日本のビール消費量は過去15年間一貫して減少しており、さらに減少する傾向にある。

ビールの売上減は、人口減少と、安価なチューハイスピリッツベース製品の人気の高まりによる。

Chiu 氏は「日本のビール市場は縮小し続けているため、製品の販売と促進の考え方を変えようとしています」とFoodNavigator-Asia​誌に語った。

そのため、アサヒビールは、2020年1月以降に生産するすべてのビールの総販売量の開示をやめ、代わりに総販売額のみを公開することを選択した。

「当社は何十年もの間、販売量をKPIとして使用してきました。 しかし、今はブランド価値と収益性の向上にもっと集中したいと考えています。」

ただし、アサヒスーパードライ、アサヒスタイルフリー、クリアアサヒの3つの主要ブランドの販売量は引き続き開示する。

アサヒビールは2019年に141,960,000ケース(1ケース= 12.66L)を販売、前年比96.5%の結果となった。

アサヒのベストセラービールは、フラグシップビールであるアサヒスーパードライで、2019年に86,440,000ケースを販売した。

利益競争

アサヒは、利益拡大と市場シェア獲得競争からの脱却に注力したいと述べている。

バースレポート​によると、アサヒは日本最大のビール会社であり、キリン、サントリー、サッポロがそれに続く。

アサヒのレースからの撤退は、市場シェアの観点から主要な醸造所間データを比較することが困難になる。

他のメーカーは、販売量の開示を停止する計画を発表していない。

ビールの消費量と販売量は減少したものの、Chiu氏は、アサヒは東京2020オリンピックおよびパラリンピックのゴールドパートナーであることから、主力ビールの販売にプラスの影響を与えることを期待している。

「世界中から来られる方々が当社の製品を試して、日本で思い出に残る体験をする機会があればと思っています。アサヒスーパードライは50か国以上で販売されているため、来日される方がスーパードライを再び見たとき、日本の素晴らしい思い出を故郷にリンクできるよう願っています。」

フラッグシップフォーカス

今年、同社は消費者にさまざまな体験を提供するために一連のキャンペーンを開始し、スーパードライに焦点を当てることを選択している。

また、日本の春を象徴するために、2020年2月にアサヒドライゼロの限定版桜パッケージをリリースする。

Related topics: Japan

Follow us

Featured Events

View more

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast