日清食品グループはカップヌードルのナトリウムレベルを下げ、かしこく塩分摂取量をコントロールできる容器を導入

By Guan Yu Lim contact

- Last updated on GMT

日清食品グループはカップヌードルのナトリウムレベルを下げ、かしこく塩分摂取量をコントロールできる容器を導入

Related tags: Japan

日清食品(日清食品グループの子会社)は、高血圧症を抱える消費者の増加に対応するために、即席麺を改良して食塩摂取を削減している。

日清食品グループの改良努力には、カップヌードルの塩分30%削減や消費者向けのかしこい塩分摂取量インジケータを開発することが含まれている。

日清食品のコーポレートコミュニケーション部門のHaruka Aoki氏によると、世界で販売されている日清カップヌードルの数は、2019年3月に450億個を超えた。

国立循環器病研究センターによると、日本では成人の1/3、高齢者の2/3が高血圧症(140/90 mmHg以上)と診断されており、急速な高齢化社会を迎えている日本では高血圧症の患者数が増加すると予想されている。

Aoki氏はFoodNavigator-Asia​誌に、正常な血圧の人が高血圧を予防するには減塩が必要だと述べた。

塩化カリウムの次は塩化マグネシウム

日清食品は人気のカップヌードルに塩化マグネシウムを加えた減塩タイプを発売している。「日清 カップヌードルソルトオフ」 は、従来のカップ麺に比べて塩分が30%も少ない。

ほとんどのメーカーは一般的な減塩成分として塩化カリウムを使用しているが、Aoki氏は顕著なえぐ味と金属的な後味があることから、「塩化カリウムだけでは元の味を維持しながら塩分低減を達成することは困難です」と話した。

塩化カリウムに代わる減塩成分を求め、同社は岩塩、藻類塩、海水塩、湖塩など世界中の173種類以上の塩を分析し、官能評価と成分分析を行った結果、塩化マグネシウムが最も適していることを突き止めた。

塩化マグネシウムは、にがりの主成分であり、海水から塩が沈殿するときに形成される塩溶液である。 にがりには、マグネシウム、カルシウム、カリウムイオン、塩化物、硫酸塩、ヨウ化物、その他のイオンが含まれている。

カップヌードルソルトオフの麺と材料には1.4gの塩が含まれており、従来のカップヌードル(2.4 g)よりも42%少なくなっている。 スープにも1.8gの塩が含まれているが、従来品(2.5g)より28%少ない。

カップヌードルソルトオフは日本でしか入手できず、海外での販売予定はない。

かしこい塩分摂取

日清食品グループの子会社である明星食品(株)も、包装にかしこい塩分摂取量の表示を導入することで役割を果たしている。

「しおケアカップ」により、消費者はスープをカップの包装内の内側の下線まで残して、消費する塩の量を調整することができる。 おおよその塩の量は、カップの側面に示されている。

「しおケアカップ」は現在、特許出願中(日本特許出願番号2019-196271)で2020年2月に3商品から使用可能となる。

持続可能性ミッション

最近、日清は、カップヌードルにRSPO認定のパーム油を使用し、持続可能性の別のミッションにも着手した。

2019年3月、滋賀県の関西工場でインスタントラーメンの製造に使用される油の一部にRSPO認証パーム油の使用を開始した。

Aoki氏によると、日清は日本のインスタントラーメン業界で認証パーム油を使用した最初の企業である。

「この取組みを拡大し、2020年2月からカップヌードルを製造するすべての国内工場でRSPO認定パーム油の使用を開始します」と付け加えた。

通常サイズでオリジナルフレーバーのカップヌードルのみが、この取組みの対象となる。

Related topics: Japan

Follow us

Featured Events

View more

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast