すべての炭水化物が悪いわけではない:澱粉の摂取量が多いと日本人男性の死亡率が低下

By Guan Yu Lim contact

- Last updated on GMT

すべての炭水化物が悪いわけではない:澱粉の摂取量が多いと日本人男性の死亡率が低下

Related tags: Japan

澱粉の摂取量が多いと死亡率が低下することが判明しているが、砂糖の摂取量が多いと日本人男性では逆の作用がある。

研究者によると、どのタイプの炭水化物も日本人女性の死亡率の間には有意な関連性はなかった。

人口ベースのコホート研究で死亡率に対する澱粉や糖を含むさまざまな種類の炭水化物の関連性を調べ、British Journal of Nutrition​に投稿した。

方法

この調査には、1992年に日本の高山スタディから35歳以上の29,079人の住民が参加した。

食事は、ベースラインで検証済みの食物頻度アンケートによって評価された。

個々のタイプの炭水化物(デンプン、グルコース、フルクトース、スクロース、マルトース、およびラクトース)の摂取量の推定値は、日本の食品成分表(2015年)に基づいている。

炭水化物摂取量(四分位中央値)は、エネルギーの割合として表された。

16年間の追跡調査で死亡率が確認された。

澱粉と死亡率

研究者は、「澱粉の摂取量が多いほど全死亡率のリスクが低下するのに対し、糖の摂取量が多いと男性の全死亡率のリスクが増加することがわかりました」と説明している。

澱粉の摂取量は、男性の最高四分位対最低四分位の総死亡率(p <0.001)に有意に反比例していた。同様に、最高四分位数と最低四分位数を比較すると、全糖摂取量は男性の総死亡率と有意に正の相関があった(p <0.001)。

調査によると、澱粉の主な食事源は米およびその他の穀物であり、全糖摂取量は主に日本では甘味飲料であった。

女性では、炭水化物の種類と総死亡率との間に有意な関連性はなく、澱粉の高摂取と糖の低摂取は日本人男性のみの寿命を延ばす可能性があることを示唆している。

また研究者らは、炭水化物と死亡率に関する大部分の研究は、澱粉ではなく砂糖についてであることを見出し、糖の摂取量を調査したthe NIH-AARP Diet and Health Studyで知られている研究を参照した結果、総糖の高摂取は、男性と女性の総死亡のリスク増加と有意に関連していることがわかった。

追加研究

研究者らは、研究の制限について報告した。

「アンケートは、絶対値ではなく、栄養素または食品の個人の相対的摂取量を測定するように設計されていました。食事摂取量の平均値を提示しましたが、そのうちの何例かはアンケートによって過大評価されている可能性があります。」

しかし、違うタイプの炭水化物-澱粉と糖に関する新しい発見は、男性の全死亡率とは異なる関連があると言っている。

また、さまざまな種類の炭水化物の摂取と長期死亡率に関する研究は僅かであるため、研究者らは異なる人口集団による追加研究を提案した。

 

出典:British Journal of Nutrition

https://doi.org/10.1017/S0007114519001661

日本人コミュニティにおける澱粉および糖の摂取と総死亡率および原因別死亡率:高山スタディ

著者:Chisato Nagata等

Related topics: Japan

Follow us

Featured Events

View more

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast