カフェインキック:コカ・コーラ ジャパンが人気のジョージア コーヒーを活性化

By Guan Yu Lim contact

- Last updated on GMT

カフェインキック:コカ・コーラ ジャパンが人気のジョージア コーヒーを活性化

Related tags: Japan

日本コカ・コーラ㈱は、人気のRTDコーヒーであるジョージアコーヒーを、まったく異なる焦点を持つジョージア エメラルドマウンテンブレンド プレミアムとジョージア グラン 微糖の2つの製品で活性化することを目指している。

「これらのブレンドは両方とも日本でのみ販売されています。ジョージアは非常に大きなブランドですので世代、性別、働き方などによって、すべての消費者のニーズを満たす製品を提供しています」と日本コカ・コーラ㈱ 広報ブランドPRマネージャーTaeko Ohuchi氏は、FoodNavigator-Asia​誌に説明した。

ジョージア エメラルドマウンテンブレンド プレミアムは、コロンビアコーヒー生産者連盟によって認定された「希少なエメラルドマウンテンビーンズ」から作られており、バランスのとれた「深さ×甘さ」の味を提供すると言われている。

ジョージアコーヒージャパンのウェブサイトによると、コロンビアで収穫されたコーヒー豆の最大3%のみが「エメラルドマウンテン」の高級豆として認定される。

「このブレンドは、バリスタハンド製法を使用して作られています。これは、豆をそのまま挽いた直後の香りを維持するのに役立ちます」とコカ・コーラジャパンはウェブサイト上で説明している。

このブレンドは、オリジナルのジョージア エメラルドマウンテンブレンドの発売25周年に合わせて今年初めに発売され、パッケージに濃い青色を使用し、金色でいくつかの単語を強調することで際立っている。

ジョージア グラン 微糖は、先月1周年を迎え、発売以来約2億台を販売したと発表された。コーヒーの味は、「飲みごたえの改善」のために「さらに強化された」と言われている。

同社によると、レシピのミルクの量を減らすことでコーヒーの味が向上し、「適切なレベルの甘さと苦味」が得られたとのこと。

「私たちは味のリニューアルを行いました。これは強いコーヒーの味ですが、コーヒー豆の使用量は変わっていません」。

「この製品は深みのある豊かなコーヒーを楽しみ、強いコーヒー味でリフレッシュ感を望まれる30代から50代の方におすすめです。」とOhuchi氏。

ジョージア エメラルドマウンテンブレンド プレミアムは全国の店舗で販売されており、260mlボトルで139円、ジョージア グラン 微糖は185グラム缶 115円170グラム缶 102、160g缶 77円で販売されている。

日本の低糖コーヒー

Ohuchi氏によると、「微糖」はRTDコーヒー市場の主要なカテゴリと考えられている。

「日本のRTDコーヒー市場には、スタンダード(ミルク入りの甘いコーヒー)、ブラック(砂糖なし)、カフェラテ、低糖(ビトー)と4つの主要なフレーバーセグメントがあります。」

「微糖は文字通り日本語では「低糖/ごく少量の糖」を意味し、製品名に微糖を使用するには、食品表示法に準拠する必要があります。(国内で)主要なフレーバーセグメントであり、長い間市場に出回っています。」

ジョージア グラン微糖には、コーヒー100mlあたり2.5gの砂糖が含まれているが、ジョージア エメラルドマウンテンブレンドまたはその他のジョージア製品の砂糖含有量に関する情報の開示は断られた。

「弊社では、微糖製品を除く各製品の砂糖の量に関する情報は開示していません。」

Related topics: Japan

Follow us

Featured Events

View more

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast