植物の力:死亡リスクの低下に関連する植物タンパク質摂取量の増加-日本の人口調査

By Guan Yu Lim contact

- Last updated on GMT

植物の力:死亡リスクの低下に関連する植物タンパク質摂取量の増加-日本の人口調査

Related tags: Japan

日本の研究によると、植物タンパク質の摂取量が多いほど、総死亡率とCVD関連死亡率が低くなることが示されている。

また、動物タンパク質の代わりに植物タンパク質を使用すると、総死亡率、癌関連死亡率、およびCVD関連死亡率のリスクが低下することに関連していることも見出した。

調査結果はJAMA Internal Medicine​に発表された。

短期試験では、高タンパク質食の摂取は、通常のタンパク質食と比較して、体重減少、脂肪減少、除脂肪量維持をもたらすことが示されている。

しかし、長期の健康と死亡率に対する積極的な高食餌性タンパク質摂取の健康への影響はあまり注目されていない。

方法

この研究には、癌、脳血管疾患、虚血性心疾患の病歴がない45〜74歳の70,696人が参加した。

18年間のフォローアップ期間で、合計12,381人の死亡が記録された。

食物摂取量の情報は、食物摂取頻度アンケートを使用して収集され、すべての参加者のタンパク質摂取量を推定するために使用された。 アンケートは5年間隔で実施された。

参加者は、総エネルギーの割合として表されるタンパク質摂取量に基づいて五分位カテゴリーにグループ分けされた。

この研究の動物性タンパク質には、魚、貝、肉、加工肉、卵、牛乳、乳製品が含まれる。

植物性タンパク質は、動物性食品とは別の食品で構成された。

植物対動物タンパク質の死亡率

この研究で、植物性タンパク質の摂取は、総死亡率の有意に低いリスクと関連していることが報告された(p = 0.01)。

この関連性は、CVD死亡率、心臓病、および脳血管疾患の死亡率で明白であったが、癌の死亡率では異なっていた。

研究者らは、植物および動物ベースの食事のメカニズムの詳細には触れていないが、過去の何例かの研究を比較し、植物タンパク質摂取が動物タンパク質よりも死亡リスクが低いことを明らかにした。

「動物性タンパク質ではなく植物性タンパク質の摂取は、血圧レベル、腰囲、体重の好ましい変化と関連している」と述べた。

以前の研究によると、植物性タンパク質の消費は、動物性タンパク質の消費よりも低い総コレステロールとLDLコレステロールに関連していた。

他の知見では、植物タンパク質の摂取量の増加に関連する2型糖尿病のリスクが低いことと、動物タンパク質に関連するリスクの増加を示唆している。

動物性タンパク質とは異なり、植物性タンパク質は成長因子1レベルのようなより高いインスリンと有意な関連はなかった。

さらに、植物タンパク質の豊富な供給源であるナッツおよび穀物またはマメ科植物の摂取は、CVD関連およびすべての原因による死亡率の低下と関連しており、一方、動物性タンパク質の主要な供給源である肉または加工肉の摂取量が多いほど、CVDに関連する総死亡率と癌死亡率が高くなった。

「植物タンパク質の非常に低い摂取または欠乏も死亡率増加のリスクになる可能性がある」と付け加えた。

タンパク質源の代替

また、この研究では、死亡とタンパク質源を別のものに置き換えることの関連性も調べた。

肉系タンパク質の3%エネルギーを植物タンパク質と等カロリー置換すると、総死亡率、癌関連死亡率、およびCVD関連死亡率の低下と関連することを見出した。

加工肉の代替は、総死亡率および癌関連死亡率の低下と関連していた。

エネルギー摂取量が2000 kcal/日の平均的な人の場合、植物タンパク質からのエネルギーの3%は、大豆などのタンパク質の多い食品では約260gになる。

植物性タンパク質の中で、野菜および果実のタンパク質を穀物または大豆タンパク質に置き換えた場合、明確な関連性は観察されなかった。これは、3つすべてのソースが有益だったことを示している可能性がある。

「私たちの研究は、植物タンパク質が健康に有益な効果をもたらす可能性があり、肉および加工肉タンパク質を植物または魚のタンパク質に置き換えると寿命が延びる可能性があることを示唆しています」と研究者は述べている。

この調査の長所は、サンプルサイズが大きいこと、長期にわたる追跡調査、および人口ベースのデザインにある。ただし、慢性病歴のある参加者は除外されたが、無症候性疾患の存在が、食習慣の変化をもたらした可能性があるという制約があった。

「これらの発見は、動物および植物源からのタンパク質が長期的な健康に異なる影響を及ぼし、必要なタンパク質を得る際に植物ベースの食品を選択すると、長期的な健康上の利点が得られる可能性があります」と結論付けられた。

 

出典:JAMA Internal Medicine

doi:10.1001/jamainternmed.2019.2806

「動植物のタンパク質摂取と全原因および原因特異的死亡率との関連」

著者:Sanjeev Budhathoki等

Related topics: Japan

Follow us

Featured Events

View more

Products

View more

Webinars

Food & Beverage Trailblazers

F&B Trailblazers Podcast