Probiota Asia 2019: プロバイオティクス、プレバイオティクスと腸 - 腎臓軸の背後にある新たな科学が明らかにされる

By Guan Yu Lim contact

- Last updated on GMT

Probiota Asia 2019: プロバイオティクス、プレバイオティクスと腸 - 腎臓軸の背後にある新たな科学が明らかにされる
プロバイオティクスとプレバイオティクスが慢性腎臓病に苦しんでいる人々に大きな恩恵をもたらす可能性、および腸 - 腎臓軸の背後にある新たな科学は、来たるProbiota Asiaサミットでの基調講演のテーマとなります。

発表は、Kibow Biotech Incの創設者兼マネージングディレクターのNatarajan Ranganat

博士によって行われます。サミットは、10月22日から24日までシンガポールで開催されます。

「技術と生物学の進歩により、バイオインフォマティクス - 腸内微生物叢と脳、肝臓、腎臓などの臓器の健康との関連を理解しマッピングすることが可能になりました。」と博士は述べている。

「発表では、腸 - 腎臓軸の研究に焦点を当て、プレおよびプロバイオティクスを使用して、慢性腎臓病に苦しむ患者に大きな恩恵をもたらすことが可能であることを実証します。」

主な要点は次のとおりです。

  • 点を結ぶ。 腸と脳、肝臓、腎臓との関係をマッピングする方法
  • 市場機会。 系統特異的なプレおよびプロバイオティクスがいかに安全で低コストの治療選択肢を切り開くことができるか
  • 慢性腎臓病への取り組み。 腎疾患の進行を遅らせる治療革新を開発した私たちの経験
  • 次のステップ。 腎不全治療への進歩の概観

医学研究開発の専門家として、博士は腸の体の他の部分とのつながりに40年を費やし、その理解により、「既存の枠にとらわれない」プレおよびプロバイオティクスアプリケーションの開発をしてきました。

過去20年間にわたり、博士は腸内微生物叢、腸内菌共生バランス失調が慢性腎臓病、痛風、高尿酸血症および他の状態を治療するためにプレおよびプロバイオティクスによってどのように安定化されるかについての我々の理解の先駆者です。

他の講演者は、次の方々です。

  • Sam Costello博士、アデレードのクイーンエリザベス病院の消化器専門医でIBDリサーチの責任者
  • Thomas Hayes、Agrifood & Health, Lux Researchの去る新生態系アナリスト
  • Vineet Sharma博士、IISER ボパール、生物化学学部、メタゲノム・システム生物学研究室、准教授
  • Lillian Fan、Antion(北京)情報コンサルティング有限公司
  • Bejit Ideas博士、日本抗加齢医学会会長
  • Rieko Shofu, Sensing Asia創設者

William Reedの一員であるNutraIngredients-Asia​誌が主催するこのイベントはアジアで3回目の開催となります。

William ReedのAPAC地域責任者兼NutraIngredients-Asia​誌の編集長、Gary Scattergoodは次のように述べています。

「大成功を収めた2年を経て、私たちはProbiota Asiaを3年目、再びシンガポールに戻すことができて大変嬉しく思います。

短期間のうちに、このイベントはプロバイオティクス、プレバイオティクス、腸内微生物叢の分野に関心を持つ、この地域でも有数の産業界および学術界のサミットとなりました。私たちは、素晴らしい講演者の方々を歓迎いたします。」

サミットの大部分では、主な市場の洞察、規制の動向、および消費者の動向とともに、腸内微生物叢、栄養、および多くの健康状態との関連性について考察します。

2019年のイベントはすでにデュポン、AB-Biotics、森永、UASLabs、そしてNutrasourceのバリューパートナーから支援を受けています。

参加登録はこちらです:https://www.probiotaasia.com/register/

イベントでの商業的およびスポンサーシップの詳細については、Sue Ann Peh​ またはTim Evans​までご連絡ください。

Related topics: Japan

Follow us

Featured Events

View more

Products

View more

Webinars