森永は、売れ筋の菓子やデザートの生産促進のため、追加の製造ラインを構築

By Tingmin Koe contact

- Last updated on GMT

森永は、売れ筋の菓子やデザートの生産促進のため、追加の製造ラインを構築
森永は、高崎第3工場でアイスクリーム「チョコモナカ ジャンボ」などの人気商品の生産強化のために製造ラインを新設中。

同社のアイスクリームとチョコレート製品の売上は倍増している。 

直近の年次財務報告書によると、氷菓の純売上高は前年比100.4%増の372億円となり、特にチョコレートとバニラ風味の製品が好調に推移した。

同報告書には、昨年の猛暑における圧倒的な需要に追いつくことができなかったので、氷菓の販売が中断されることを余儀なくされたことが記載されている。

矢野経済研究所の調査結果は、アイスクリームは日本人が最も好むデザート​であることを示している。 調査した消費者の10人に8人が、アイスクリームが「大好き」または「好き」と回答している。

チョコレートについては、同社の広報担当者がFoodNavigator-Asia​に、2015年から2017年の間に売上が110%増加したと語った。

また、追加の製造ラインが新設される高崎第3工場は、延べ床面積、35,450平方メートル。現在、工場自体はまだ建設中で、来年4月に完成予定。

同工場はダースチョコレートのみを製造することを目的としていたが、チョコモナカ ジャンボと板チョコ アイス用の製造ラインを追加することを決定、追加の生産ニーズを満たすために、さらに86億円が投入された。

ダースチョコレートの生産は来年9月に、他の2つの製品は2021年4月に生産開始が予定されている。

人気商品に焦点を当てることは、同社の中期経営計画に沿うものである。 より安定した収益基盤を達成するため、人気の菓子および氷菓のブランドを強化することを考えている。

「私たちは消費者インサイトを調査研究し、多くの消費者に好評な製品を開発しました。 焦点を当てる項目数を絞り込むことで、効率性、生産性、売上を向上させることができます。」

優良ブランド

日本でトップ3の最も人気のあるアイスクリームとチョコレートのブランドは主要なプレーヤーに占められている。

昨年10月に発刊されたEuromonitorのレポートによると、ロッテアイスクリームは2018年を通して、トップの座にとどまると予想されていた。

これは、アイスクリーム分野における衝動買いと持ち帰りにおける市場プレゼンスとリーダーシップによるものである。

同社は、爽、クーリッシュ、雪見だいふく、モナ王、ガーナ、レディボーデンの6つのアイスクリームブランドの製造に注力している。

一方で、森永はカップ入り乳製品アイスクリームに強く、2位になると予測されている。

同レポートは、日本では一人暮らしの世帯が増えているため、製造者はカップ入りアイスクリームの製造に焦点を当てる傾向があるとしている。

Related topics: Japan

Follow us

Featured Events

View more

Products

View more

Webinars